コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中部アフリカ関税経済同盟 ちゅうぶアフリカかんぜいけいざいどうめい Union Douanière et Économique de l'Afrique Centrale; UDEAC

3件 の用語解説(中部アフリカ関税経済同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中部アフリカ関税経済同盟
ちゅうぶアフリカかんぜいけいざいどうめい
Union Douanière et Économique de l'Afrique Centrale; UDEAC

1964年のブラザビル条約により 66年1月にカメルーン中央アフリカ共和国チャドコンゴ共和国ガボンの5ヵ国により設立された域内共同機関。その後赤道ギニアが加盟。域内の貿易を無関税とし,第三国からの輸入について共同の基本関税率を適用する (付加的関税率の適用は加盟各国の自由) ことのほか,加盟国間の開発計画の調整,共通の投資法の制定,実施,共同の融資基金の設立,加盟国国民の域内における移動の自由の保証,などをおもな役割としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中部アフリカ関税経済同盟【ちゅうぶアフリカかんぜいけいざいどうめい】

略称UDEAC。カメルーン,中央アフリカ共和国,コンゴ共和国,赤道ギニア,ガボン,チャドによる関税同盟。1964年設立。域内無関税,共通対外関税,共通投資政策基準,連帯基金といった制度をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中部アフリカ関税経済同盟
ちゅうぶあふりかかんぜいけいざいどうめい
Union Douanire et Economique de l'Afrique Centrale

略称UDEAC。1964年調印、66年に発効のブラザビル条約(74年改訂)に基づいて設立された関税同盟。本同盟は域内の産業調整、貿易障害の撤廃、外資導入のための投資法の調整を通じて、加盟国の経済開発を促進することを目的としている。共通通貨制度をとっており、また共通中央銀行に属している。最初はフランス中部アフリカ諸国の中央アフリカ、コンゴ人民共和国(現コンゴ共和国)、カメルーン、ガボンの4か国で出発し、その後若干の出入りがあったが、これら4か国に加えて、チャド(1968年脱退、84年再加盟)、赤道ギニアが加盟している。
 1994年中部アフリカ経済通貨共同体(CEMAC)の創設が決定され、各国の経済面の政策の調整、財、労働の自由移動をベースとした統合の推進のための改組が進められつつある。[相原 光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中部アフリカ関税経済同盟の関連キーワードグリーンビル条約ブラザビルオフィスビルブラザーブラックデビル犯罪人引き渡し条約六ツ門プラザビルポアント・ノアールブラザビル会議リュネビル条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone