コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中里太郎右衛門(13代) なかざと たろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中里太郎右衛門(13代) なかざと-たろうえもん

1923-2009 昭和-平成時代の陶芸家。
大正12年5月31日生まれ。12代中里太郎右衛門の長男。弟に中里重利,中里隆。昭和26年陶彫「牛」で日展初入選,33年叩(たた)き壺「牛」で同特選。古唐津を研究し,叩きの技法を基本に独自の作風をきずく。44年唐津焼中里家13代をつぐ。59年「叩き唐津手付瓶」で芸術院賞。平成12年日本工匠会(日工会)会長。14年太郎右衛門の名を長男忠寛にゆずり,庵号の逢庵(ほうあん)を名のった。19年芸術院会員。平成21年3月12日死去。85歳。佐賀県出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。本名は忠夫。著作に「唐津焼の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中里太郎右衛門(13代)の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助自動車事故自由形ブタインフルエンザ背泳吹雪バタフライ山田朱莉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android