コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中里太郎右衛門(13代) なかざと たろうえもん

1件 の用語解説(中里太郎右衛門(13代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中里太郎右衛門(13代) なかざと-たろうえもん

1923-2009 昭和-平成時代の陶芸家。
大正12年5月31日生まれ。12代中里太郎右衛門の長男。弟に中里重利,中里隆。昭和26年陶彫「牛」で日展初入選,33年叩(たた)き壺「牛」で同特選。古唐津を研究し,叩きの技法を基本に独自の作風をきずく。44年唐津焼中里家13代をつぐ。59年「叩き唐津手付瓶」で芸術院賞。平成12年日本工匠会(日工会)会長。14年太郎右衛門の名を長男忠寛にゆずり,庵号の逢庵(ほうあん)を名のった。19年芸術院会員。平成21年3月12日死去。85歳。佐賀県出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。本名は忠夫。著作に「唐津焼の研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中里太郎右衛門(13代)の関連キーワード自動車事故背泳吹雪バタフライ山田朱莉学校法人染料工業登録記念物日活(株)CitrusKiss

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone