コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間地帯論 ちゅうかんちたいろん

1件 の用語解説(中間地帯論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間地帯論
ちゅうかんちたいろん

1946年8月毛沢東によって提出された中国の世界戦略論の一つ。帝国主義の弱い環に打撃を与えるというマルクスレーニン主義考え方と,農村によって都市を包囲するという中国革命の特徴とが結びついたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中間地帯論の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone