コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波氏 たんばうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波氏
たんばうじ

応神天皇のとき帰化した中国,後漢の霊帝の後裔坂上氏の支族和気氏とともに医術の主流であった。康頼は『医心方』の著者として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんばうじ【丹波氏】

丹波国を本拠とした古代の大族。丹波地方は畿内と南で接し,丹波道が早くから開けたため,大和政権とのつながりも古くから成立したらしく,《日本書紀》開化紀に丹波之大県主の名が見え,崇神紀にも丹波道主(たにわのちぬし)命を四道将軍の一人として丹波に遣わす話がある。また垂仁紀は,道主の5人の娘が宮廷に入り,その一人皇后日葉酢(ひばす)姫の子を景行天皇とするなど,伝承は天皇系譜との親密な関係を物語る。丹波氏の成立について,《国造本紀》は丹波国造を成務朝にあてている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波氏
たんばうじ

平安朝以来の朝廷の医家。蕃別(ばんべつ)(中国からの渡来の家)である坂上(さかのうえ)氏から出た丹波康頼(たんばのやすより)が丹波宿禰(すくね)の氏姓を賜り、初めて鍼博士(しんはかせ)として朝廷に仕えた。その後、子孫相次いで典薬頭(てんやくのかみ)、施薬院使(せやくいんし)などに任ぜられて、朝廷、貴族の医療の仕事にあたった。戦国時代に盛直(もりなお)に至って丹波家は絶えた。しかし庶流の頼豊(よりとよ)は越前国(えちぜんのくに)(福井県)小森庄(おもりのしょう)などを領し、家を小森氏と称した。その子頼秀(よりひで)は錦小路(にしきのこうじ)を称したが、その子孫頼季(よりすえ)のとき、院宣(いんぜん)により小森の家名に復した。その養子頼庸(よりつね)が丹波氏を再興し、1707年(宝永4)に錦小路を称し、典薬頭として侍医扶持(じいぶち)を給せられた。同家は、のち明治維新の際の功により、華族に列せられた。[多賀宗隼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の丹波氏の言及

【丹波氏】より

…また垂仁紀は,道主の5人の娘が宮廷に入り,その一人皇后日葉酢(ひばす)姫の子を景行天皇とするなど,伝承は天皇系譜との親密な関係を物語る。丹波氏の成立について,《国造本紀》は丹波国造を成務朝にあてている。古代の史料に散見する丹波史(ふひと)氏は,《丹波氏系図》《新撰姓氏録》に後漢霊帝の後裔とあって,丹波で坂上姓を与えられる志拏直の孫孝日王を氏祖とする。…

※「丹波氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丹波氏の関連キーワード施薬院全宗田村長元丹波雅忠和気時雨梶原性全応神天皇施薬院和気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹波氏の関連情報