コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主情主義 しゅじょうしゅぎemotionalism

翻訳|emotionalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主情主義
しゅじょうしゅぎ
emotionalism

人間における感情の役割を重んじ,知性や意志よりも優位にあるとする思想上の立場の総称主知主義主意主義に対していわれる。 18世紀の絶対主義や啓蒙的合理主義の非人間性に対抗するルソーなどの感情主義,19世紀の悟性偏重に対するドイツ・ロマン主義,19世紀から 20世紀にかけての生の哲学など,哲学,文芸におけるその流れは多様で広範である。主情説とも呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅじょうしゅぎ【主情主義】

哲学・文芸・教育学などで、知性・意志より感情の優越性を主張する立場。 ↔ 主知主義主意主義

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主情主義
しゅじょうしゅぎ
emotionalism英語
Emotionalismusドイツ語

人間の精神活動において、理性や意志よりも感情・情緒を重視する傾向。主知主義に対する。その現れる時と場合はさまざまだが、極度の合理主義、科学の偏重、絶対主義体制における非人間的抑圧などへの反発によることがもっとも多い。ヒューム、ハーマン、ヤコービ、シュライエルマハーらの反合理主義哲学や、初期ロマン主義文学、ことにリチャードソン、ルソー、ノバーリスらにこの傾向が顕著である。[小林路易]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の主情主義の言及

【センチメンタリズム】より

…感情面への配慮を過度に重んじ,知性や意志よりも個人の内的心情に支配される傾向の総称。主知主義および主意主義の対照語として感傷主義,主情主義,感情主義と訳される。知性の普遍性や意志の無限性でなく感情の相対性を根拠とするために,この立場をとる人生観には受動的になりやすい面もあり,ここからセンチメンタリズムとは個人的感傷におぼれがちな生活態度の蔑称にもなっている。…

※「主情主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主情主義の関連キーワードジュコフスキー(Vasiliy Andreevich Zhukovskiy)センチメンタリズムジュコーフスキードミートリエフ哀れなリーザヒンデミットカラムジンロシア文学バビット

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android