コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久慈次郎 クジジロウ

デジタル大辞泉の解説

くじ‐じろう〔‐ジラウ〕【久慈次郎】

[1898~1939]野球選手。岩手の生まれ。早大捕手として活躍。実業団で選手を続け、昭和9年(1934)の日米野球では全日本チームの主将をつとめた。都市対抗野球での敢闘賞「久慈賞」にその名を残す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久慈次郎 くじ-じろう

1898-1939 大正-昭和時代前期の野球選手。
明治31年10月1日生まれ。早大で捕手として活躍し,大正11年実業団野球の函館大洋倶楽部(オーシヤンクラブ)にはいる。昭和9年日米野球で全日本の主将。14年試合中に頭部に送球をうけて同年8月21日に死亡。42歳。22年都市対抗野球に「久慈賞」がもうけられた。34年野球殿堂入り。岩手県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久慈次郎
くじじろう
(1898―1939)

野球選手。岩手県盛岡市出身。早稲田(わせだ)大学卒業。学生時代、左腕投手谷口五郎とバッテリーを組んで名捕手として鳴らした。社会人野球においても活躍し、1931年(昭和6)、1934年に来日したアメリカ大リーグのチームと対戦、全日本軍の主将として参加。沢村栄治(えいじ)投手とバッテリーを組んで活躍した。1939年夏、函館太洋倶楽部(はこだてオーシャンくらぶ)の選手として対札幌倶楽部戦において試合中後頭部にボールが当たり、それがもとで死亡する41歳まで、捕手として本塁を守り続けた。1947年都市対抗野球では、第18回大会からその活躍を記念して敢闘賞として久慈賞を制定した。1959年第1回の野球殿堂(野球殿堂博物館)入りをした。[神田順治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久慈次郎の関連キーワード内閣総理大臣斎藤寅次郎久松静児[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生アメリカ・スペイン戦争

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久慈次郎の関連情報