コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久賀島 ひさかじま

2件 の用語解説(久賀島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久賀島
ひさかじま

長崎県五島列島の南部にある島。五島市に属する。大きな湾入のあるU字形の島で,湾岸に干拓地があり,湾奥に中心集落の久賀がある。農主漁従の島で福江港との間に定期航路がある。面積 38.35km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久賀島
ひさかじま

長崎県五島(ごとう)列島の南部に位置する島。面積37.35平方キロメートル。かつては久賀村をなしたが、1957年(昭和32)福江(ふくえ)市に編入され、2004年(平成16)市町村合併により五島市の一部となった。著しく沈降した島で、北から久賀湾が大きく侵入し、島はU字形をなし、湾奥に中心集落の久賀がある。湾の沿岸には干拓地が多く、水田が散在するが、島の外縁部は海食崖(がい)が発達し、耕地、集落ともに乏しい。島の北西岸の細石流(さざれ)付近には大型定置網漁業が行われ、田ノ浦(たのうら)は、前面の砂嘴(さし)に抱かれた良港で、古くは遣唐使の寄泊地ともいわれ、福江島の奥浦(おくのうら)港、福江港へフェリーを通ずる。また田ノ浦瀬戸ではタイ、イカの一本釣りが盛んである。島内の集落は江戸時代に大村藩から移住したキリシタンの集落が多い。1868年(慶応4)キリシタン弾圧による「五島崩れ」があり、大開(おおびらき)付近の牢屋(ろうや)で残酷な責めにあったことにちなむ。「牢屋の窄(さこ)」とよばれるキリシタン史跡がある。1881年(明治14)ころの木造瓦葺(かわらぶき)建築の旧五輪(ごりん)教会堂は、国の重要文化財に指定されている。人口473(2009)。[石井泰義]
『浦川和三郎著『五島キリシタン史』(1973・図書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久賀島の言及

【五島列島】より

…長崎県に属し,長崎市西方の東シナ海にある列島。北東から南西方向に約140の大小の島が並ぶ。総面積約690km2。行政上は,自然地理的な五島列島の範囲をとって福江市と南松浦郡の10町,北松浦郡の宇久(うく),小値賀(おぢか)の2町が含まれ,人口は全体で8万9757(1995)。人口は1955年以降,減少の一途をたどり,姫島,折島など無人となった島もある。列島の胴体部は地塁山地で,その後の沈水により多くの瀬戸や湾入を生じ,美しいリアス海岸をみせる。…

※「久賀島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久賀島の関連キーワード福江五島芋五島麦長崎県五島市池田町長崎県五島市江川町長崎県五島市木場町長崎県五島市栄町長崎県五島市堤町長崎県南松浦郡長崎県五島市蕨町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久賀島の関連情報