コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条年中行事 くじょうねんじゅうぎょうじ

3件 の用語解説(九条年中行事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九条年中行事
くじょうねんじゅうぎょうじ

平安時代の朝廷で行われた1年間の行事の解説書。1巻。藤原師輔 (九条殿) の著。成立年代未詳。巻首と巻末を欠き2~12月までの年中行事に,御服,御画 (ぎょかく) 事,詔書,覆奏事,廃朝事,雑穢事などを付記している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くじょうねんちゅうぎょうじ【九条年中行事】

平安中期の年中行事および一般行事についてその次第・作法などを記した書。著者は藤原師輔。兄の実頼とともに父忠平の教命を受け,実頼の小野宮流に対し,九条流の故実を伝えるために作成された。実頼の養子実資がまとめた小野宮流の《小野宮年中行事》が先例の記述にくわしいのに対して,これより前に著された本書は儀式作法そのものの記述がくわしい。このほか政務に関する記述がある。《群書類従》所収。なお首部および一部に欠文があるが,《北山抄》《江次第抄》その他の逸文で補うことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九条年中行事
くじょうねんじゅうぎょうじ

右大臣藤原師輔(もろすけ)の著で、年中行事、儀式、有職(ゆうそく)故実に関する書。『小野宮(おののみや)年中行事』より先に書かれた。父忠平(ただひら)の儀式作法、教命を受けて九条流の故実を完成させるために作成したものである。『小野宮年中行事』が先例の記述に詳しいのに対して、儀式作法そのものの記述が詳細。現存のもの(『群書類従』公事部所収)は、2月釈奠(せきてん)の末部から始まり、12月の一部に欠文があって追儺(ついな)の項で終わっている。この部分は『北山抄』『江家(ごうけ)次第』などによってその一部を補うことができる。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の九条年中行事の言及

【藤原師輔】より

…父忠平の故実を伝え,兄実頼の小野宮流とはその面でも競争関係にあった。《九条年中行事》《九条殿遺誡》や日記《九暦》を残している。960年病により出家し同年没した。…

※「九条年中行事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone