コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳輪下膿瘍 にゅうりんかのうよう Subareolar Abscess

1件 の用語解説(乳輪下膿瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうりんかのうよう【乳輪下膿瘍 Subareolar Abscess】

[どんな病気か]
 乳頭(にゅうとう)の乳管口(にゅうかんこう)から化膿菌(かのうきん)が侵入したことにより、乳輪の下にできる難治(なんち)性の膿瘍で、急性、慢性の炎症をくり返す病気です。膿瘍は乳輪付近で破れて瘻孔(ろうこう)(炎症によってできる管状の穴)を形成し、膿(うみ)が排出されるようになります。
 これは授乳に関係なく、若い女性や中年の女性におこりやすく、未婚者や、ヘビースモーカーの女性に多い傾向がみられます。乳輪下膿瘍は、乳頭のへこんだ陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)が原因になっていることが多いようです。
[症状]
 最初、乳輪の下に痛みのあるしこりが現われ、これが徐々に大きくなってきます。乳輪部の皮膚が赤く腫(は)れて、やがて膿瘍がつくられます。この膿瘍は自然に破れるか、切開(せっかい)することによりいったん瘻孔をつくって消失します。しかし、単なる切開、排膿(はいのう)では、一時的によくなったようにみえても、多くは再発し、長期にわたり再発、寛解(かんかい)(症状の一時的鎮静)をくり返すようになります。
[治療]
 膿瘍部の乳頭、乳輪の下を切開し、肉芽(にくげ)組織を切除して、手術創を開いたまま肉芽を上げて治す方法があります。
 この病気を完全に治すためには、感染の原因となった乳管を含め、膿瘍の完全な切除が必要です。その際、陥没乳頭がある場合は形成術を合わせて行なうことが望まれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳輪下膿瘍の関連キーワード舌乳頭乳頭山入湯税何心地乳座入党乳頭不死身毛乳頭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone