コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二ッ井[町] ふたつい

百科事典マイペディアの解説

二ッ井[町]【ふたつい】

秋田県北部,山本郡の旧町。林野面積が広く,秋田杉生産の一中心で,米代(よねしろ)川に沿う主集落二ッ井には大貯木場があり,製材合板・家具製造が盛ん。奥羽本線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふたつい【二ッ井[町]】

秋田県北西部,山本郡の町。人口1万2807(1995)。町域は南北に細長く,中央部を米代川が西流し,川沿いに奥羽本線と国道7号線が通じる。藤琴川,種梅川,内川が町内で米代川に注ぎ,これらの川の周辺に耕地が開ける。近世初期,秋田藩の家老梅津氏によって岩堰(いわせき)用水が開かれて以来,米代川の北岸台地に新田開発が相次いだ。また秋田杉を中心とする林業も近世以来盛んで,荷上場や仁鮒(にぶな)はその集散地として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android