コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二天 ニテン

デジタル大辞泉の解説

に‐てん【二天】


二つの天体。
《天恩と並ぶもう一つの天の意で》恩人を天にたとえていう語。

仁王(におう)。
帝釈天(たいしゃくてん)と梵天(ぼんてん)。
四天王のうち、持国天と増長天。または、多聞天(たもんてん)と持国天、増長天と多聞天。
日天子と月天子(がってんし)。
摩醯首羅天(まけいしゅらてん)と毘紐天(びちゅうてん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にてん【二天】

多聞天と持国天。
日天子と月天子がつてんし
梵天と帝釈天。
仁王」に同じ。

にてん【二天】

宮本武蔵の法名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二天の言及

【仁王】より

…仏教の寺院において,門の左右に安置される2体の力士形の尊像に対する総称で,二王尊,二天王,二天などとも呼ばれ,二王とも書く。大多数の作例は上半身が裸形の像であるが,古い時代の作例には鎧(よろい)を着けた武将像もある。…

※「二天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二天の関連キーワード滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺山梨県笛吹市御坂町大野寺奈良県奈良市西大寺芝町滋賀県犬上郡甲良町池寺宮本武蔵(剣術家)神奈川県茅ヶ崎市堤秋田県大館市十二所栃木県日光市山内西明寺(滋賀県)寺尾郷右衛門山東彦右衛門大門(仏寺)真海(1)摩醯首羅天成田清兵衛金剛輪寺宮本武蔵伊舎那天新免弁助十二天供

二天の関連情報