二度あることは三度ある(読み)ニドアルコトハサンドアル

  • あることは三度(さんど)ある
  • にど
  • 二度
  • 二度(にど)あることは三度(さんど)ある

精選版 日本国語大辞典の解説

同じようなことが二度続けてあった時は、必ずもう一度繰り返される。物事は繰り返されるものである。
※浄瑠璃・驪山比翼塚(1779)中「二度あることは三度めの、己と報ふお主の罪」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

同じようなことが二度続いて起きたときは、近くもう一度繰り返される。

[使用例] たまたま今度の見合いの場所が東京という廻り合せになったので、何となく幸先が悪いような気がし、東京では又ロクでもないことが起るのではないか、二度あることは三度である、というような予感がしないではなかった[谷崎潤一郎*細雪|1943~48]

[使用例] 俺はぞーっとした。恐怖が俺の血を凍らせた。〈略〉
 「どうした」と金原に肩をたたかれて、我に返り、
 「一度ありゃ二度ある」
 「二度あったことは三度……?」
 「今度はどいつだ。そうか、矢萩か」[高見順*いやな感じ|1960~63]

[解説] 前回の記憶がまだ新しいうちに同じようなこと再び起きたとき、三度目の予兆としてとらえ、警戒するのがこのことわざの基本的用法です。よいことにも使えないわけではありませんが、おおむね不吉なことや好ましくないことについて言います。
 現実に二度あったからといって、かならず三度目が起こるわけではありません。むしろ三度は続かないほうが多いでしょう。しかし、当事者にとってリスクが大きい場合、三度目があり得ると思って本能的に身構えるのは自然な反応です。ことわざは、こういう場合、三度あると断定的に言い切って印象を強めるのです。
 かつては、同じ一族で二人続けて亡くなったときに、三人目の死者の代わりに人形を葬ったり、醤油を二度こぼしたときに、わざともう一度少しだけこぼすなど、三度目の禍を避けるための風習が各地にありました。

〔フランス〕Jamais deux sans trois.(三のない二は決してない)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二度あることは三度あるの関連情報