コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二筋道 フタスジミチ

デジタル大辞泉の解説

ふたすじ‐みち〔ふたすぢ‐〕【二筋道】

2本の道。
わかれ道。「人生の二筋道に迷う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたすじみち【二筋道】

二本の道。
二方向に分かれている道。わかれみち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二筋道
ふたすじみち

新派戯曲。瀬戸英一作。1931年(昭和6)11月東京・明治座初演。芸者の喜代次は生糸商阿久津に引かされたが、不況で阿久津が破産すると、冷たい本妻への意地ずくからふたたび左づまをとり阿久津を養う。朋輩(ほうばい)のおすがは阿久津のために別れろと意見をする。当時松竹社長だった大谷竹次郎のたてた案を、座付作者の瀬戸英一が伊井容峰(ようほう)(阿久津)、喜多村緑郎(きたむらろくろう)(喜代次)、河合武雄(かわいたけお)(おすが)、花柳(はなやぎ)章太郎(桂子)らにあてて書き下ろし、俳優も各自長所を発揮した結果、凋落(ちょうらく)のどん底にあった新派は勢いを盛り返した。翌32年12月の『二筋道其後(そのご)』まで計八編書き継がれ、同年3月には花柳扮(ふん)する快活な芸者を中心にした『桂子の場合』が独立して上演されるほどの人気であった。[土岐迪子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二筋道の関連キーワード瀬戸 英一(1代目)梅暮里谷峨(初代)瀬戸英一(初代)そっぺいが無い三人吉三廓初買喜多村 緑郎伊井 友三郎おかったるいさっしゃる桂 章太郎花柳章太郎梅暮里谷峨伊井 蓉峰河合武雄伊井蓉峰ぼちぼち擂り粉木粉になる裏茶屋髪切り

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android