コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷竹次郎 おおたにたけじろう

7件 の用語解説(大谷竹次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大谷竹次郎
おおたにたけじろう

[生]1877.12.13. 京都
[没]1969.12.27. 東京
興行主。松竹株式会社創立者の一人。幼少から芝居の世界に入り,1895年京都阪井座の座主となり,1902年で双生児の兄白井松次郎と松竹合名会社を設立。 1910年東京に進出,新富座,本郷座,明治座を次々に手に入れ,1914年歌舞伎座の興行権を獲得した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおたに‐たけじろう〔おほたにたけジラウ〕【大谷竹次郎】

[1877~1969]興行師。松竹の創立者。京都の生まれ。兄の白井松次郎とともに松竹を興し、歌舞伎新派・映画などを支配下に置き、興行界の中軸として活躍。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大谷竹次郎【おおたにたけじろう】

興行師,実業家。京都の劇場売店主の家に生れ,大谷家を継ぐ。京都歌舞伎座を中心に京都の主要劇場を買収し,双生の兄白井松次郎〔1877-1952〕とともに1902年松竹(まつたけ)合名社を設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷竹次郎 おおたに-たけじろう

1877-1969 明治-昭和時代の実業家。
明治10年12月13日生まれ。父の跡をついで興行界にはいり,京都歌舞伎座を経営。明治35年兄白井松次郎と松竹合名社を設立。昭和12年松竹社長。第二次大戦後の演劇,映画の復興につくし,とくに歌舞伎,文楽,新派の伝統芸能の保護につとめた。昭和30年文化勲章。昭和44年12月27日死去。92歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにたけじろう【大谷竹次郎】

1877‐1969(明治10‐昭和44)
興行師,実業家。京都生れ。白井松次郎とは双生児でその弟。四条花見小路祇園館の売店を営む両親を手伝い,20歳で興行界に乗り出し,新京極坂井座の金主,25歳で兄松次郎と松竹合名社を創立,関西を兄に託して単身上京し,新富座,本郷座などを傘下におさめ,興行師の地歩を揺るぎないものとした。1914年には東京・歌舞伎座でも興行をし,演劇界の実力者として活躍した。また20年には松竹キネマ合名社をおこし映画界をも席巻。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおたにたけじろう【大谷竹次郎】

1877~1969) 興行師。京都府生まれ。京都歌舞伎座を経営。1902年(明治35)、松竹合名会社を創立。のち、映画界にも進出。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷竹次郎
おおたにたけじろう
(1877―1969)

興行師、松竹株式会社創業者。芝居の仲売り(売店)の子として京都に生まれる。双生児の兄が白井松次郎(1877―1951)。24歳で京都阪井座の座主となり劇場経営に乗り出し、1902年(明治35)養子にいった兄松次郎と松竹合名社を結成。2年後に京都南座の座主となり、京都劇壇の主導権を握った。同年松次郎は初代中村鴈治郎(がんじろう)と提携、大阪へ進出、大阪歌舞伎(かぶき)、文楽を一手に収めた。竹次郎は関西を兄にゆだね、1910年に東京へ進出、新富(しんとみ)座を買収、12年(大正1)2世市川左団次を専属俳優とし、翌年に歌舞伎座の経営権を手に入れた。1930年(昭和5)までに東京の大劇場、大歌舞伎、新派を次々と傘下に収め、演劇興行界の雄となった。一方、1920年に松竹キネマ合名社を設立、映画製作にも乗り出し、今日の松竹株式会社を築き上げた。とくに歌舞伎の伝承に尽くした功績は大きい。1955年(昭和30)文化勲章受章、58年に松竹大谷図書館を開設した。[水落 潔]
『城戸四郎編、脇屋光伸著『大谷竹次郎演劇六十年』(1951・大日本雄弁会講談社) ▽田中純一郎著『大谷竹次郎』新版(1995・時事通信社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大谷竹次郎の言及

【松竹[株]】より

…演劇・映画・演芸の製作,興行を主とした興行資本。1902年白井松次郎大谷竹次郎の双生児の兄弟が,名まえの頭文字を組み合わせて創立した松竹(まつたけ)合名社が成長したもの。京都の劇場の中売りから身をおこし,創立の年に阪井座を経営,新派俳優静間小次郎と提携,京都・明治座に進出,06年には初世中村鴈治郎と提携して大阪へ進出,同時に京都・南座を直営して,まず京都を中心に礎を固めた。…

【白井松次郎】より

…京都生れ。大谷竹次郎とは双生児で,その兄。1897年京都夷谷座(えびすざ)売店主白井亀吉の養子となる。…

※「大谷竹次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大谷竹次郎の関連キーワード原修次郎溝口禎次郎菊本直次郎白井松次郎興行師実業家白井松竹[株]大谷松次郎山田喜久次郎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷竹次郎の関連情報