コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷竹次郎 おおたにたけじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大谷竹次郎
おおたにたけじろう

[生]1877.12.13. 京都
[没]1969.12.27. 東京
興行主。松竹株式会社創立者の一人。幼少から芝居の世界に入り,1895年京都阪井座の座主となり,1902年で双生児の兄白井松次郎と松竹合名会社を設立。 1910年東京に進出,新富座本郷座明治座を次々に手に入れ,1914年歌舞伎座興行権を獲得した。 1920年松竹キネマ合名会社を設立,映画制作にも乗り出し,以来,関東大震災,第2次世界大戦時の空襲と2度の打撃を切り抜け,名実ともに日本興行界のトップに君臨した。 1955年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおたに‐たけじろう〔おほたにたけジラウ〕【大谷竹次郎】

[1877~1969]興行師。松竹の創立者。京都の生まれ。兄の白井松次郎とともに松竹を興し、歌舞伎・新派・映画などを支配下に置き、興行界の中軸として活躍。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大谷竹次郎【おおたにたけじろう】

興行師,実業家。京都の劇場売店主の家に生れ,大谷家を継ぐ。京都歌舞伎座を中心に京都の主要劇場を買収し,双生の兄白井松次郎〔1877-1952〕とともに1902年松竹(まつたけ)合名社を設立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷竹次郎 おおたに-たけじろう

1877-1969 明治-昭和時代の実業家。
明治10年12月13日生まれ。父の跡をついで興行界にはいり,京都歌舞伎座を経営。明治35年兄白井松次郎と松竹合名社を設立。昭和12年松竹社長。第二次大戦後の演劇,映画の復興につくし,とくに歌舞伎,文楽,新派の伝統芸能の保護につとめた。昭和30年文化勲章。昭和44年12月27日死去。92歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおたにたけじろう【大谷竹次郎】

1877‐1969(明治10‐昭和44)
興行師,実業家。京都生れ。白井松次郎とは双生児でその弟。四条花見小路祇園館の売店を営む両親を手伝い,20歳で興行界に乗り出し,新京極坂井座の金主,25歳で兄松次郎と松竹合名社を創立,関西を兄に託して単身上京し,新富座,本郷座などを傘下におさめ,興行師の地歩を揺るぎないものとした。1914年には東京・歌舞伎座でも興行をし,演劇界の実力者として活躍した。また20年には松竹キネマ合名社をおこし映画界をも席巻。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおたにたけじろう【大谷竹次郎】

1877~1969) 興行師。京都府生まれ。京都歌舞伎座を経営。1902年(明治35)、松竹合名会社を創立。のち、映画界にも進出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷竹次郎
おおたにたけじろう
(1877―1969)

興行師、松竹株式会社創業者。芝居の仲売り(売店)の子として京都に生まれる。双生児の兄が白井松次郎(1877―1951)。24歳で京都阪井座の座主となり劇場経営に乗り出し、1902年(明治35)養子にいった兄松次郎と松竹合名社を結成。2年後に京都南座の座主となり、京都劇壇の主導権を握った。同年松次郎は初代中村鴈治郎(がんじろう)と提携、大阪へ進出、大阪歌舞伎(かぶき)、文楽を一手に収めた。竹次郎は関西を兄にゆだね、1910年に東京へ進出、新富(しんとみ)座を買収、12年(大正1)2世市川左団次を専属俳優とし、翌年に歌舞伎座の経営権を手に入れた。1930年(昭和5)までに東京の大劇場、大歌舞伎、新派を次々と傘下に収め、演劇興行界の雄となった。一方、1920年に松竹キネマ合名社を設立、映画製作にも乗り出し、今日の松竹株式会社を築き上げた。とくに歌舞伎の伝承に尽くした功績は大きい。1955年(昭和30)文化勲章受章、58年に松竹大谷図書館を開設した。[水落 潔]
『城戸四郎編、脇屋光伸著『大谷竹次郎演劇六十年』(1951・大日本雄弁会講談社) ▽田中純一郎著『大谷竹次郎』新版(1995・時事通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大谷竹次郎の言及

【松竹[株]】より

…演劇・映画・演芸の製作,興行を主とした興行資本。1902年白井松次郎大谷竹次郎の双生児の兄弟が,名まえの頭文字を組み合わせて創立した松竹(まつたけ)合名社が成長したもの。京都の劇場の中売りから身をおこし,創立の年に阪井座を経営,新派俳優静間小次郎と提携,京都・明治座に進出,06年には初世中村鴈治郎と提携して大阪へ進出,同時に京都・南座を直営して,まず京都を中心に礎を固めた。…

【白井松次郎】より

…京都生れ。大谷竹次郎とは双生児で,その兄。1897年京都夷谷座(えびすざ)売店主白井亀吉の養子となる。…

※「大谷竹次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大谷竹次郎の関連キーワード中村 又五郎(2代目)西宮市大谷記念美術館市川 寿海(3代目)池波 正太郎白井 松次郎松竹[株]東宝[株]北条 秀司宇野 信夫松竹(株)野口 達二若水 絹子榎本 滋民城戸四郎昭和時代小林一三京都府二筋道

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android