大谷竹次郎(読み)おおたにたけじろう

  • 1877―1969
  • おおたにたけじろう〔おほたにたけジラウ〕
  • 大谷竹次郎 おおたに-たけじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1877.12.13. 京都
[没]1969.12.27. 東京
興行主。松竹株式会社創立者の一人。幼少から芝居の世界に入り,1895年京都阪井座の座主となり,1902年で双生児白井松次郎と松竹合名会社を設立。 1910年東京に進出,新富座,本郷座,明治座を次々に手に入れ,1914年歌舞伎座興行権を獲得した。 1920年松竹キネマ合名会社を設立,映画制作にも乗り出し,以来,関東大震災,第2次世界大戦時の空襲と2度の打撃を切り抜け,名実ともに日本興行界のトップに君臨した。 1955年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

興行師,実業家。京都の劇場売店主の家に生れ,大谷家を継ぐ。京都歌舞伎座を中心に京都の主要劇場を買収し,双生の兄白井松次郎〔1877-1952〕とともに1902年松竹(まつたけ)合名社を設立。大阪・東京に進出し歌舞伎興行権をほぼ独占,1920年松竹キネマ合名社を設立。1937年には演劇と映画を統合して松竹(しょうちく)株式会社を発足させ,社長となる。小林一三東宝と覇を競った。1955年文化勲章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1877-1969 明治-昭和時代の実業家。
明治10年12月13日生まれ。父のをついで興行界にはいり,京都歌舞伎座を経営。明治35年兄白井松次郎と松竹合名社を設立。昭和12年松竹社長。第二次大戦後の演劇,映画の復興つくし,とくに歌舞伎,文楽,新派の伝統芸能の保護につとめた。昭和30年文化勲章。昭和44年12月27日死去。92歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1877‐1969(明治10‐昭和44)
興行師,実業家。京都生れ。白井松次郎とは双生児でその弟。四条花見小路祇園館の売店を営む両親を手伝い,20歳で興行界に乗り出し,新京極坂井座の金主,25歳で兄松次郎と松竹合名社を創立,関西を兄に託して単身上京し,新富座,本郷座などを傘下におさめ,興行師の地歩を揺るぎないものとした。1914年には東京・歌舞伎座でも興行をし,演劇界の実力者として活躍した。また20年には松竹キネマ合名社をおこし映画界をも席巻

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興行師、松竹株式会社創業者。芝居の仲売り(売店)の子として京都に生まれる。双生児の兄が白井松次郎(1877―1951)。24歳で京都阪井座の座主となり劇場経営に乗り出し、1902年(明治35)養子にいった兄松次郎と松竹合名社を結成。2年後に京都南座の座主となり、京都劇壇の主導権を握った。同年松次郎は初代中村鴈治郎(がんじろう)と提携、大阪へ進出、大阪歌舞伎(かぶき)、文楽を一手に収めた。竹次郎は関西を兄にゆだね、1910年に東京へ進出、新富(しんとみ)座を買収、12年(大正1)2世市川左団次を専属俳優とし、翌年に歌舞伎座の経営権を手に入れた。1930年(昭和5)までに東京の大劇場、大歌舞伎、新派を次々と傘下に収め、演劇興行界の雄となった。一方、1920年に松竹キネマ合名社を設立、映画製作にも乗り出し、今日の松竹株式会社を築き上げた。とくに歌舞伎の伝承に尽くした功績は大きい。1955年(昭和30)文化勲章受章、58年に松竹大谷図書館を開設した。

[水落 潔]

『城戸四郎編、脇屋光伸著『大谷竹次郎演劇六十年』(1951・大日本雄弁会講談社)』『田中純一郎著『大谷竹次郎』新版(1995・時事通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

実業家。京都出身。松竹株式会社会長。歌舞伎、文楽の保護に尽くし、文化勲章受章。明治一〇~昭和四四年(一八七七‐一九六九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大谷竹次郎の言及

【松竹[株]】より

…演劇・映画・演芸の製作,興行を主とした興行資本。1902年白井松次郎大谷竹次郎の双生児の兄弟が,名まえの頭文字を組み合わせて創立した松竹(まつたけ)合名社が成長したもの。京都の劇場の中売りから身をおこし,創立の年に阪井座を経営,新派俳優静間小次郎と提携,京都・明治座に進出,06年には初世中村鴈治郎と提携して大阪へ進出,同時に京都・南座を直営して,まず京都を中心に礎を固めた。…

【白井松次郎】より

…京都生れ。大谷竹次郎とは双生児で,その兄。1897年京都夷谷座(えびすざ)売店主白井亀吉の養子となる。…

※「大谷竹次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android