コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂行盛 にかいどうゆきもり

4件 の用語解説(二階堂行盛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二階堂行盛
にかいどうゆきもり

[生]養和1(1181)
[没]建長5(1253).12.9.
鎌倉時代の武将。行光の子。元仁1 (1224) 年幕府政所執事に就任。北条政子の信任厚く,嘉禄1 (25) 年政子の死後出家した。同年評定衆に列し,『御成敗式目』制定に参与。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂行盛 にかいどう-ゆきもり

1181-1253 鎌倉時代の武将。
養和元年生まれ。二階堂行光の子。元仁(げんにん)元年鎌倉幕府の政所(まんどころ)執事となり,嘉禄(かろく)元年北条政子の死を機に出家。同年新設の評定衆にくわわり,建長4年引付頭人となる。「御成敗式目」制定に参加した。建長5年12月9日死去。73歳。法名は行然。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

二階堂行盛

没年:建長5.12.9(1253.12.30)
生年:文治5(1189)
鎌倉幕府の政所執事。二階堂行光の子。建保6(1218)年民部少丞。承久3(1221)年叙爵。同年7月,九条道家から近衛家実への摂政交代を申し入れる幕府の使節として上洛。後高倉院が崩御した貞応2(1223)年には,摂政近衛家実が万機を総摂することを奏上した使節として上洛。元仁1(1224)年政所執事となる。嘉禄1(1225)年北条政子の死去を機に出家,法名を行然と称した。同年12月,評定衆となる。貞永1(1232)年に御成敗式目が制定されると,評定衆として連署起請した。建長4(1252)年引付四番頭人となった。<参考文献>『関東評定伝

(永井晋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二階堂行盛
にかいどうゆきもり
(1181―1253)

鎌倉幕府の政所執事(まんどころしつじ)、評定衆(ひょうじょうしゅう)。同じく政所執事であった信濃前司行光(しなののぜんじゆきみつ)の長子。行政(ゆきまさ)の孫。民部大夫(みんぶのたいふ)とよばれた。1213年(建保1)幕府政所令(れい)となり、将軍専制体制から執権政治へ移行する段階の幕政に重要な役割を果たした。ことに承久(じょうきゅう)の乱後、幕府は後鳥羽(ごとば)上皇の院政を廃し、在位経験のない後高倉(ごたかくら)法皇の院政を実現させたが、23年(貞応2)5月後高倉院が没すると、行盛は幕府の使者として上洛(じょうらく)し、摂政(せっしょう)近衛家実(このえいえざね)に万機をみるべきことを申し入れ、廟堂(びょうどう)における幕府の位置を確固たるものとした。24年(元仁1)伊賀光宗(いがみつむね)の後を受け政所執事となる。北条政子(ほうじょうまさこ)の信任厚く、25年(嘉禄1)7月政子の死とともに出家し、行然と称したが引き続き政所執事を勤め、同年12月評定衆となった。御成敗(ごせいばい)式目の制定に関与し、52年(建長4)四番引付頭となる。建長(けんちょう)5年12月没。政所執事四番引付頭の職は、子の行泰(ゆきやす)に受け継がれた。[田中博美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二階堂行盛の関連キーワード二階堂行藤二階堂貞衡二階堂時綱二階堂行貞(1)二階堂行実二階堂行忠二階堂行綱(1)二階堂行泰二階堂行頼(1)二階堂頼綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone