コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五・七幹部学校 ご・しちかんぶがっこうWu-qi gan-bu xue-xiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五・七幹部学校
ご・しちかんぶがっこう
Wu-qi gan-bu xue-xiao

中国文化大革命のさなかにできた制度で,党や政府の幹部が農村に「下放」して思想改造をはかる学校。 1966年5月7日に出された毛沢東主席の政治,軍事,生産,大衆活動,修正主義批判といった総合的知識を身につけるべきだという「五・七指示」に基づき,68年5月7日黒竜江省革命委員会が新旧の幹部を同省慶安県柳河の農場に「下放」させ,そこにこの学校を創設したのが始りで,その後全国に広まった。幹部はこの学校で,労働して勤労人民から離れず,「役人にもなれば民衆にもなる」世界観の改造に努めるよう義務づけられた。抗日軍政大学を手本にしており,目的は階級闘争,生産闘争,科学実験の三大革命運動のなかで幹部を鍛え,真に大衆から学び,大衆と結合した幹部の養成とされたが,党と政府機関の幹部・大学教師に対する労働懲罰および政治迫害を加える場所と批判されたため中止した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五・七幹部学校の関連キーワード中国文化大革命謝冰心孫平化朱鎔基

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android