コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島美代子 ごとうみよこ

3件 の用語解説(五島美代子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五島美代子
ごとうみよこ

[生]1898.7.12. 東京
[没]1978.4.15. 東京
歌人。佐佐木信綱門から出て五島茂と結婚後は新興歌人連盟に加盟 (1928) して夫と行動をともにし,合同歌集『新風十人』 (40) で脚光を浴びた。 1949年創刊の『女人短歌』の主要同人として活躍,『母の歌集』 (53) で代表的女流歌人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五島美代子 ごとう-みよこ

1898-1978 昭和時代の歌人。
明治31年7月12日生まれ。五島清太郎の長女。佐佐木信綱(のぶつな)にまなぶ。昭和13年夫の五島茂と「立春」を創刊。24年「女人短歌」創刊にくわわる。33年「新輯(しんしゅう)母の歌集」で読売文学賞。昭和53年4月15日死去。79歳。東京出身。本名は美代。歌集はほかに「暖流」「風」など。
【格言など】わが息と共に呼吸(いき)する子と知らず亡きを悼みて人の言ふかも(「新輯母の歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五島美代子
ごとうみよこ
(1898―1978)

歌人。東京生まれ。1915年(大正4)佐佐木信綱(のぶつな)に師事し、『心の花』に作品を発表。38年(昭和13)夫茂(しげる)と『立春』を創刊、『新風十人』(1940)に参加した。母としてのさまざまな愛憎の感情を、主観を強く押し出しつつ、叙情味豊かに歌う。57年『新輯(しんしゅう)母の歌集』(1957)で読売文学賞を受賞。ほかに歌集『暖流』(1936)、『丘の上』(1948)、『いのちありけり』(1961)、『時差』(1968)、『花激(たぎ)つ』(1978)など。[佐佐木幸綱]
 あぶないものばかり持ちたがる子の手から次次にものをとり上げてふつと寂し
『『定本五島美代子全歌集』(1983・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五島美代子の関連キーワード鹿児島寿蔵中原綾子足立公平今井康子上田英夫影山銀四郎栗原潔子谷邦夫野上草男宮崎茂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone