コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島美代子 ごとうみよこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五島美代子
ごとうみよこ

[生]1898.7.12. 東京
[没]1978.4.15. 東京
歌人。佐佐木信綱門から出て五島茂と結婚後は新興歌人連盟に加盟 (1928) して夫と行動をともにし,合同歌集新風十人』 (40) で脚光を浴びた。 1949年創刊の『女人短歌』の主要同人として活躍,『母の歌集』 (53) で代表的女流歌人となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五島美代子 ごとう-みよこ

1898-1978 昭和時代の歌人。
明治31年7月12日生まれ。五島清太郎の長女。佐佐木信綱(のぶつな)にまなぶ。昭和13年夫の五島茂と「立春」を創刊。24年「女人短歌」創刊にくわわる。33年「新輯(しんしゅう)母の歌集」で読売文学賞。昭和53年4月15日死去。79歳。東京出身。本名は美代。歌集はほかに「暖流」「風」など。
【格言など】わが息と共に呼吸(いき)する子と知らず亡きを悼みて人の言ふかも(「新輯母の歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五島美代子
ごとうみよこ
(1898―1978)

歌人。東京生まれ。1915年(大正4)佐佐木信綱(のぶつな)に師事し、『心の花』に作品を発表。38年(昭和13)夫茂(しげる)と『立春』を創刊、『新風十人』(1940)に参加した。母としてのさまざまな愛憎の感情を、主観を強く押し出しつつ、叙情味豊かに歌う。57年『新輯(しんしゅう)母の歌集』(1957)で読売文学賞を受賞。ほかに歌集『暖流』(1936)、『丘の上』(1948)、『いのちありけり』(1961)、『時差』(1968)、『花激(たぎ)つ』(1978)など。[佐佐木幸綱]
 あぶないものばかり持ちたがる子の手から次次にものをとり上げてふつと寂し
『『定本五島美代子全歌集』(1983・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五島美代子の関連キーワード五島 美代子草村 素子7月12日清水 乙女五島清太郎斎藤 史五島 茂草村素子斎藤史心の花竹柏会

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android