コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五郎兵衛新田 ごろべえしんでん

2件 の用語解説(五郎兵衛新田の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五郎兵衛新田【ごろべえしんでん】

1626年,市川五郎兵衛が開発した新田村で,現在の長野県浅科(あさしな)村(現・佐久市)内に所在する。1631年用水堰を開削し鹿曲(かくま)川からの引水に成功,当初は矢島(やしま)新田とよばれたが,のち五郎兵衛新田と改めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごろべえしんでん【五郎兵衛新田】

戦国土豪の流れをくむ市川五郎兵衛真親が,1626年(寛永3)12月に小諸藩主松平忠憲家臣から開発許可状をもらって開発した新田村。現在の長野県北佐久郡浅科村内に所在し,いわゆる佐久平に位置している。すぐ近くを千曲川が流れているが台地上にあるため引水はむずかしく,一部を除いて荒蕪地のまま放置されていた。ここに山ひとつ隔てて流れる鹿曲川から,全長約5里の用水路を開削して引水し開発したのである。その開削技術はひじょうに高度で,工事にまつわるさまざまな苦労話も伝えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五郎兵衛新田の関連キーワード獅子物越後流勅筆流流れを汲む一河の流れを汲むも他生の縁桃家市川五郎兵衛兼国(1)兼法湯浅五郎兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone