コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小諸藩 こもろはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小諸藩
こもろはん

江戸時代,信濃国 (長野県) 佐久郡の一部を領有した藩。仙石氏5万石に始り,松平 (久松) 氏4万 5000石,青山氏4万 2000石,酒井氏3万石,西尾氏2万 5000石,松平 (石川) 氏2万石,牧野氏1万 5000石と変り,廃藩置県にいたる。牧野氏は譜代,江戸城雁間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

小諸藩【こもろはん】

信濃国佐久(さく)郡小諸(現長野県小諸市)を城地とした藩。1590年仙石秀久が佐久郡5万石に封じられて成立。仙石氏は1622年信濃国上田に移り,甲斐国甲府藩主徳川忠長が併領するが,1624年松平(久松)氏が5万石で入部,のち藩主は青山氏(3万石,1代)・酒井氏(3万石,1代)・西尾氏(2万5000石,1代)・石川氏(2万石,2代)と変遷。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

こもろはん【小諸藩】

江戸時代信濃(しなの)国佐久(さく)郡小諸(現、長野県小諸市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は明倫堂(めいりんどう)。仙石秀久(せんごくひでひさ)は小田原征伐で功績をあげ、1590年(天正(てんしょう)18)に、豊臣秀吉(とよとみひでよし)から小諸5万石を与えられた。秀吉死後は徳川方につき領地は安堵(あんど)された。秀久は精力的に小諸城と城下町の建設に取り組んだが、あまりの酷使に一郡逃散(ちょうさん)を引き起こした。子の忠政(ただまさ)は民生安定に努めたが、1622年(元和(げんな)8)に上田藩へ移封(いほう)され、小諸藩は一時甲府藩預かりとなった。松平(久松)憲良(のりなが)が24年(寛永(かんえい)1)に4万5000石で入って以降は譜代藩となり、48年(慶安1)青山宗俊(むねとし)(3万石)、62年(寛文(かんぶん)2)酒井忠能(ただよし)(3万石)、79年(延宝(えんぽう)7)西尾忠成(ただなり)(2万7000石)、82年(天和(てんな)2)松平(石川)乗政(のりまさ)(2代・2万石)と交代した。次いで1702年(元禄15)に牧野康重(やすしげ)が1万5000石で入封、以後明治維新まで牧野氏10代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県により、小諸県を経て長野県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こもろはん【小諸藩】

信濃国(長野県)佐久郡小諸城を居城とした小藩。1590年(天正18)仙石秀久5万石の入封にはじまる。秀久の城郭拡張と小諸城下町建設工事の領民酷使は一郡逃散(ちようさん)をひきおこしたが,2代忠政は民政安定につとめ,1615年(元和1)年貢を貫高制から石高制に移行した。24年(寛永1)入封した松平忠憲(5万石)は総検地により貢租制度を整え,五郎兵衛新田などの新田開発を進めた。松平氏以後譜代藩となり,青山氏・酒井氏各3万石,西尾氏2万7000石,石川氏2万石と交代,この間に地方(じかた)知行制が廃され,78年(延宝6)には酒井氏の過酷な総検地が百姓一揆をひきおこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小諸藩
こもろはん

信濃(しなの)国小諸城(長野県小諸市)を居城に周辺を領有した小藩。1590年(天正18)仙石秀久(せんごくひでひさ)が佐久(さく)郡一円5万石で入封したことに始まる。秀久の領民酷使は一郡逃散(ちょうさん)を引き起こしたが、2代忠政(ただまさ)は民政安定に努め、従来の貫高(かんだか)制を石高制に改めた。1622年(元和8)忠政は上田へ転封、小諸は一時甲府宰相(こうふさいしょう)徳川忠長(ただなが)に属したが、24年(寛永1)松平忠憲(ただのり)が佐久、小県(ちいさがた)両郡内5万石で入封した。総検地が施行され、著名な五郎兵衛新田など4新田が開かれている。忠憲以降小諸は譜代(ふだい)藩に定まり、1648年(慶安1)青山宗俊(むねとし)3万石、62年(寛文2)酒井忠能(ただよし)3万石、79年(延宝7)西尾忠成2万7000石、82年(天和2)石川乗政(のりまさ)・乗紀(のりただ)2万石と交代した。78年には酒井の過酷な領内総検地で一揆(いっき)が起こっている。1702年(元禄15)牧野康重(やすしげ)1万5000石入封からは牧野氏が定着し、10代在封して廃藩に至る。1871年(明治4)小諸県を経て長野県に統合。[古川貞雄]
『『新編物語藩史 第4巻』(1976・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小諸藩の関連キーワード市川五郎兵衛上田[市]小諸[市]立科[町]牧野康重譜代大名青山宗俊明倫堂懐古園種痘