井戸良弘(読み)いど・よしひろ

朝日日本歴史人物事典の解説

井戸良弘

没年:慶長17.1.5(1612.2.6)
生年:生年不詳
戦国・江戸前期の武将通称は才助,若狭守。大和国井戸城(天理市)城主井戸若狭守覚弘の子。兄の早世によって家督を継ぐ。はじめ筒井順慶に仕えたが,井戸城を子の十郎に譲って自らは織田信長に仕えて軍功をあげ,山城国久世郡に槙島城(宇治市)2万石を与えられた。しかし天正10(1582)年6月の山崎の戦では,豊臣秀吉の招きに応じなかったため改易され,そのまま出家し里夕斎と号して奈良に蟄居した。その後,慶長5(1600)年の関ケ原の戦には丹後国田辺城に籠城して長岡藤孝(細川幽斎)を助けたが,戦後は特に報われることもなく,再び奈良に隠棲した。

(小和田哲男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android