交接(読み)こうせつ

大辞林 第三版の解説

こうせつ【交接】

( 名 ) スル
交わり接すること。交際。つきあい。 「親しく-せしより/新聞雑誌 30
性交すること。交尾すること。交合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐せつ カウ‥【交接】

〘名〙
① 交わり接すること。
※史記抄(1477)八「封王子弟地犬牙相制。犬の牙は上下がくいちがうて牙と牙とは不正相当ぞ。言は、地が交接していれくうだぞ」
② 人と接すること。つきあい交際
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)三「我名はよくきこへたと云ふて、身を高ぶるぞ。膺に交接せられて座へ行くは、龍門へ登るやうにするぞ」 〔漢書‐劉向伝〕
③ 性交。男女の肉体的まじわり。交合。
※明衡往来(11C中か)上本「始発艷言後及交接」 〔列子注‐天瑞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の交接の言及

【交尾】より

…体内受精を行う動物の雌と雄(雌雄同体の場合は成熟した2個体)が生殖孔をくっつけあったり(鳥類など),さらに特殊化した雄の器官を用いて,直接精子を雌の体内に送りこむ行為。交接ともいい,ヒトの場合,性交という。交尾をする多くの動物はさまざまな交尾器官をそなえている。…

【性交】より

…男女の心理的・肉体的交わりをいい,具体的には,精子と卵子の結合を図るために,陰茎を腟内に挿入することを指す。動物における交尾と同じであるが,ヒトの場合には〈性交〉という言葉を用い,〈交接〉〈交合〉などともいう。また古くは〈目合(まぐわい)〉などともいわれた。…

※「交接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交接の関連情報