交通信号(読み)こうつうしんごう

  • こうつうしんごう カウツウシンガウ
  • 交通信号 traffic signal

世界大百科事典 第2版の解説

交通の安全および交通機関の情報伝達を目的とする信号として,鉄道,航空,船舶道路交通のそれぞれに独自のものが用いられているが,一般に交通信号といった場合は道路交通用の信号を指すのがふつうである。すなわち,自動車,歩行者,自転車に交差点での通行権の規制を知らせるための電気機器を意味する。 最初の交通信号は1868年イギリスのウェストミンスターで用いられたの2灯式のものといわれ,3色式は1918年にニューヨークに設置された手動信号機が最初とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 道路の交差点などで、赤・黄・青(緑)の色灯を点滅し、通行の可否を知らせる標識。また、その機械。
※カラー・テレビの旋風(1956)〈室谷邦夷〉遙かなる旅路「交通信号のない交差点などで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交通信号の関連情報