コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人情噺文七元結 にんじょうばなしぶんしちもっとい

2件 の用語解説(人情噺文七元結の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人情噺文七元結
にんじょうばなしぶんしちもっとい

歌舞伎作品。3幕。世話物。 1902年 10月東京歌舞伎座で,5世尾上菊五郎が初演。通称『文七元結』。三遊亭円朝人情噺を榎戸賢治が脚色した。ばくち好きであるが気のよい左官長兵衛は,娘お久を吉原へ売った金を,主人の金を盗まれた申しわけに身投げしようとしている手代文七にやってしまう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にんじょうばなしぶんしちもっとい【人情噺文七元結】

歌舞伎狂言。世話物。3幕。通称《文七元結》。榎戸賢治作。1902年10月東京歌舞伎座初演。配役は左官長兵衛を5世尾上菊五郎,女房お兼を尾上栄三郎(のちの6世梅幸),手代文七を市村家橘(のちの15世羽左衛門)など。三遊亭円朝の人情噺をもとに5世菊五郎がキメのこまかい写実芸で好評を博したが,6世菊五郎もまた独自の工夫を加えて当り役にした。本所の割下水にすむ左官屋の長兵衛,腕はめっぽうよい職人だが,大のバクチ好きで仕事をそっちのけにして借金だらけ,年の暮になっても台所は火の車,にっちもさっちもゆかない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人情噺文七元結の関連キーワード生世話物江戸狂言お静礼三歌舞伎狂言時代狂言世話狂言文七文七元結いろは新助《文七元結》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人情噺文七元結の関連情報