コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人給 にんきゅう

大辞林 第三版の解説

にんきゅう【人給】

荘園の荘官などに給付される年貢免除の田地。人給田。給田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の人給の言及

【給田】より

…日本中世の歴史用語。人給(にんきゆう)とも呼ばれ,中世の荘園制社会のもとで荘官などに対し,職務の報酬として与えられた一定の土地を意味する。これらの給田畠は年貢・公事が免除される除田(じよでん)で年貢・公事は給主の手に入り,地頭給田の場合には地頭がその土地の下地進止権をもったといわれる。…

【検注帳】より

…次が〈仏神田〉であって,荘内の神社・仏寺の経営・行事のための費用を書きあげる。その次が〈人給〉と称する項目で,荘園における諸代官の給分などが含まれる。以上が一般的なものであるが,荘園の事情により〈井料〉などの灌漑費がこれに含まれる場合が多い。…

※「人給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人給の関連キーワード世界老人給食の日大森 憲太守護領国制賃金体系伊勢神宮家族手当勤続給本公事諸司領村入用真の人属人給須菩提基本給給田荘園田地荘官職封位禄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人給の関連情報