コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給田 きゅうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

給田
きゅうでん

荘園制のもとで,領主荘官地頭職務給として与えた田地。給田には荘官や地頭が下人所従 (しょじゅう) に耕作させて自営するものと,一般の農民に請作 (うけさく) させる場合とがあったが,領主への年貢は免除された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうでん【給田】

日本中世の歴史用語。人給(にんきゆう)とも呼ばれ,中世の荘園制社会のもとで荘官などに対し,職務の報酬として与えられた一定の土地を意味する。これらの給田畠は年貢・公事が免除される除田(じよでん)で年貢・公事は給主の手に入り,地頭給田の場合には地頭がその土地の下地進止権をもったといわれる。給田は給主自身が下人・所従を使って耕作する場合と,一般農民に請作させる場合とがあった。近年,11世紀半ば以降に供御人(くごにん)・供祭人などの技術的な職能をもつ職人集団が国衙領や荘園・御厨(みくりや)などに給免田を与えられ,この給免田を媒介にして諸権門に組織され,非農業的な技能を奉仕する反面で諸国を自由往来する自由通行の特権を保証されるというあり方が注目されつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうでん【給田】

荘園領主が荘官・地頭および職人集団などに職務給として与えた土地。免租されるのが普通だった。給地。人給にんきゆう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

給田
きゅうでん

荘園(しょうえん)領主が荘官らに職務給として与えた田地。預所(あずかりどころ)、検校(けんぎょう)、下司(げし)、公文(くもん)、沙汰人(さたにん)、刀禰(とね)などの荘園管理機関や、鍛冶(かじ)、皮造(かわつくり)、紙漉(かみすき)、土器作(かわらけつくり)などの手工生産者、梶取(かんどり)などの運輸担当者に対する給田がある。給田を与えられた給主は、その田地の年貢(ねんぐ)・公事(くじ)を免除され、その分を自己の収入とした。土地台帳である検注帳では、給田は「除分」や「立用(りゅうよう)」(支出の意)の項に記載され、領主の収入予定から除外された。給田の経営法には、給主が所従(しょじゅう)・下人(げにん)の労働力を用いて直接経営する場合と、一般農民に請作(うけさく)させて地子(じし)をとる場合がある。給分として名田(みょうでん)を与えられる給名(きゅうみょう)は公事免(雑免(ぞうめん))で、公事のみ給主の収入となり、年貢は領主に納めた。[阿部 猛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

給田の関連キーワード梶取(かじとり)安芸三郎左衛門免田(田地)吉祥寺通り和気清麻呂荘園領主新補地頭往来田若槻荘加徴米永業田均等名均田制均田法租庸調多田荘科田法救急田口分田近木荘

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

給田の関連情報