コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礪波山の戦い となみやまのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

礪波山の戦い
となみやまのたたかい

倶利伽羅 (くりから) 峠の戦いともいう。源平合戦 (→治承の内乱 ) の一つ。寿永2 (1183) 年5月 11日越中と加賀両国の国境の礪波山で,北陸から上洛しようとした源義仲軍勢と,京都から派遣された平維盛らの軍勢とが戦った。義仲が倶利伽羅峠で夜襲をかけて成功し,平家の軍勢は敗走した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礪波山の戦い
となみやまのたたかい

1183年(寿永2)5月、木曽義仲(きそよしなか)が平維盛(これもり)の軍を破った戦闘。両軍の衝突地点が、旧北陸道、加賀(かが)・越中(えっちゅう)国境の礪波山中倶利伽羅(くりから)峠(石川県河北(かほく)郡津幡(つばた)町と富山県小矢部(おやべ)市の境)であったところから「倶利伽羅峠の戦い」ともいう。1180年(治承4)9月信濃(しなの)に挙兵した義仲は、信濃・越後(えちご)を制圧、やがて北陸道諸国に影響力を及ぼすようになった。83年4月、平維盛以下10万の大軍が越前(えちぜん)・加賀に来襲したため、義仲は越後国府(こくふ)(上越市)を進発、両軍先鋒(せんぽう)による越中般若野(はんにゃの)(庄(しょう)川中流)の前哨(ぜんしょう)戦を経て、5月11日この峠で主力が激突した。義仲軍は「火牛攻め」の奇策をもって夜襲をかけ(『源平盛衰記』)、続く篠原(しのはら)(加賀市)の戦いにも大勝、約2か月後には入京を果たした。[杉橋隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

礪波山の戦いの関連キーワード倶利伽羅峠の戦い小矢部(市)津幡(町)富山(県)石動

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android