コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙南[村] せんなん

世界大百科事典 第2版の解説

せんなん【仙南[村]】

秋田県中部,仙北郡の村。人口8803(1995)。横手盆地のほぼ中央部に位置し,村域の大部分雄物川の沖積地と支流の厨川などの扇状地からなる。耕地の大部分が水田で,米の生産量,単位面積当り収量とも郡内では有数の水田単作農村である。奥羽本線,国道13号線が通じ交通の便に恵まれるが,横手市大曲市に隣接し,商業はふるわない。特産にアケビのつるを原料とするつる細工がある。後三年の役の戦場となった金沢柵(現,横手市)に近く,奥羽本線には後三年駅がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙南[村]の関連キーワード平和不動産防府[市]三春町の要覧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android