コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美郷町 みさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美郷〔町〕
みさと

島根県中部,江川 (ごうがわ) 中流域の町。北は大田市に,南の一部は広島県に接する。 2004年 10月邑智町と大和村が合体して成立。かつては山陰と山陽を結ぶ江川舟運の中継地,物資の集散地として発展。農業が主で米作などが行なわれ,南部の山地ではシイタケなどを栽培。北部の湯抱 (ゆがかえ) 温泉一帯は大山隠岐国立公園に,また江川流域は江川水系県立自然公園に属する。 JR三江線,国道 375号線が通じる。面積 282.92km2。人口 4900(2015)。

美郷〔町〕
みさと

秋田県南東部,真昼山地の西斜面と横手盆地の北東部を占める町。東部で岩手県に接する。 2004年六郷町,千畑町,仙南村の3町村が合体。旧六郷町は羽州街道沿いに発達した宿場町として発展。佐竹義宣が秋田に転封の際,父義重がここに居館を建てて隠居し,そのとき周辺の寺院を集めたため,現在も寺院が多い。丸子川の扇状地の扇端部に位置し,県内有数の穀倉地帯を形成。湧水を利用して清酒やサイダーなどの清涼飲料を産する。六郷のカマクラ行事は国の重要無形民俗文化財。北西部には大仙市にまたがり史跡払田柵跡があり,千屋断層は国の天然記念物。東部の山地は真木真昼県立自然公園に属する。 JR奥羽本線,国道 13号線が町の西部を縦断する。面積 168.34km2。人口 2万279(2015)。

美郷〔町〕
みさと

宮崎県中北部にある町。耳川五十鈴川小丸川渡川などが流れる。ほとんどが山林で,北西から南西にかけては二子山など九州山地の東側斜面にある 800~1000m級の山が連なり,耕地は乏しい。 2006年南郷村,西郷村,北郷村が合体して町制。山間地の気象条件をいかし,ダイズ,クリのほか,シイタケやマイタケなどのキノコ類を栽培。河川の清流を利用した稲作も行なわれる。キンカン,ウメが特産品として知られる。南郷には百済伝説にまつわる建造物や祭りが数多く残されており,神門神社本殿は国の重要文化財に指定されている。国道 327号線,388号線が通じる。面積 448.84km2。人口 5480(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美郷町の関連情報