コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千畑 せんはた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千畑
せんはた

秋田県南東部,美郷町北部の旧町域。真昼山地の西斜面に位置し,東は岩手県と接する。 1955年畑屋村,千屋村の2村が合体して千畑村となり,1986年町制。 2004年六郷町,仙南村と合体して美郷町となった。米作,酪農が主産業。浪花地区に千畑ラベンダー園がある。大仙市にまたがり史跡払田柵跡があり,千屋断層は国の天然記念物。東部の山地は真木真昼県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千畑
せんはた

秋田県中東部、仙北(せんぼく)郡にあった旧町名(千畑町(まち))。現在は美郷(みさと)町の北部を占める一地区。1955年(昭和30)千屋(せんや)、畑屋(はたや)の2村が合併して千畑村が成立。1986年町制施行。2004年(平成16)六郷(ろくごう)町、仙南(せんなん)村と合併、美郷町となる。旧町域は、東部は奥羽山脈の真昼(まひる)岳を隔てて岩手県に接し、この山系を源として丸子川、真昼川が西に流れる。西部の水田地帯は1938年(昭和13)以来の田沢疎水事業によって広大な荒れ地が開田されたものである。米作中心の農業のほか、葉タバコ、果樹、野菜の生産が多い。隣接する大仙(だいせん)市にまたがる払田柵跡(ほったのさくあと)は国指定史跡。1896年(明治29)の陸羽(りくう)地震で現れた千屋断層は国指定天然記念物。真木真昼県立自然公園、一丈木(いちじょうぎ)遺跡(縄文時代)などがある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千畑の関連情報