仙山線(読み)せんざんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙山線
せんざんせん

仙台から面白山トンネル (5361m) で奥羽山脈を貫き,山形県の羽前千歳へいたる鉄道。 JR東日本。全長 58.0km。東北地方の横断鉄道の1つで,仙台平野山形盆地を結ぶ。ほとんどの列車が東北本線に乗入れて山形まで走る。 1929年一部開通,37年全通沿線には作並温泉や東北屈指の巨刹で芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」で名高い立石寺 (山寺) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙山線
せんざんせん

宮城・山形県の中央部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。仙台―羽前千歳(うぜんちとせ)間58.0キロメートル、全線単線ならびに交流電化。奥羽山脈を仙山トンネル(5361メートル)で貫き、仙台平野、広瀬川流域と山形盆地を結ぶ東北地方横断鉄道の一つ。列車の大部分は奥羽本線に乗り入れて仙台―山形間に直通運転される。仙山東線・西線として1929年(昭和4)以降逐次開業し、1937年、仙山トンネルの開通により全通して仙山線となった。同トンネルを挟む作並(さくなみ)―山寺(やまでら)間は開業当初より直流電化され、東北地方の旧国鉄線における最初の電化区間となった。1954年(昭和29)より北仙台―作並間が日本で最初の交流電化試験区間に選定され、その後の幹線交流電化のための基礎実験が行われた。1960年、山寺―山形間が直流電化されたが、1968年、仙台―山形間全線が交流電化に切り換えられた。1987年、日本国有鉄道の分割民営化により、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せんざん‐せん【仙山線】

仙台~羽前千歳(奥羽本線)間のJR線。仙台と山形を結び、沿線に作並温泉がある。昭和一二年(一九三七)全通。全長五八・〇キロメートル。日本最初の交流電化試験が行なわれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙山線の関連情報