コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙山線 せんざんせん

3件 の用語解説(仙山線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙山線
せんざんせん

仙台から面白山トンネル (5361m) で奥羽山脈を貫き,山形県の羽前千歳へいたる鉄道。 JR東日本。全長 58.0km。東北地方の横断鉄道の1つで,仙台平野山形盆地を結ぶ。ほとんどの列車が東北本線に乗入れて山形まで走る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仙山線【せんざんせん】

仙台〜羽前千歳間のJR線。営業キロ58.0km。奥羽山脈横断鉄道の一つ。1937年全通。仙山トンネルで山脈を横断する。
→関連項目仙台[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙山線
せんざんせん

宮城・山形県の中央部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。仙台―羽前千歳(うぜんちとせ)間58.0キロメートル、全線単線ならびに交流電化。奥羽山脈を仙山トンネル(5361メートル)で貫き、仙台平野、広瀬川流域と山形盆地を結ぶ東北地方横断鉄道の一つ。列車の大部分は奥羽本線に乗り入れて仙台―山形間に直通運転される。仙山東線・西線として1929年(昭和4)以降逐次開業し、1937年、仙山トンネルの開通により全通して仙山線となった。同トンネルを挟む作並(さくなみ)―山寺(やまでら)間は開業当初より直流電化され、東北地方の旧国鉄線における最初の電化区間となった。1954年(昭和29)より北仙台―作並間が日本で最初の交流電化試験区間に選定され、その後の幹線交流電化のための基礎実験が行われた。1960年、山寺―山形間が直流電化されたが、1968年、仙台―山形間全線が交流電化に切り換えられた。1987年、日本国有鉄道の分割民営化により、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙山線の関連キーワード海底トンネル沈埋トンネル大清水トンネルシールドトンネル新丹那トンネル雪避けトンネルトンネル塵肺新清水トンネル恵那山トンネル山岳トンネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙山線の関連情報