コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作並温泉 さくなみおんせん

5件 の用語解説(作並温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作並温泉
さくなみおんせん

宮城県中部,仙台市の西部にある温泉。行基が発見したといわれる。作並街道 (国道 48号線) に沿い,広瀬川渓谷の段丘上にあり,泉質は単純泉,硫酸塩泉。泉温 50~60℃。奥新川の渓谷やスキー場が近く,保養客やハイカーが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくなみ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【作並温泉】

宮城県中部、広瀬川上流にある温泉。泉質は単純温泉硫酸塩泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さくなみおんせん【作並温泉】

宮城県仙台市青葉区、広瀬川上流沿岸にある硫酸塩泉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕作並温泉(さくなみおんせん)


仙台市青葉(あおば)区、広瀬(ひろせ)川上流にわく行楽向きの温泉。奈良時代以来の古湯とされ、現在は東北地方有数の温泉観光地に発展。作並こけしの里としても名高く、付近の鎌倉(かまくら)山・新川(にっかわ)ラインは紅葉の名所。ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温61℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作並温泉
さくなみおんせん

宮城県中央部、仙台市青葉区にある温泉。元湯は広瀬川の谷底にある。奈良時代に僧行基(ぎょうき)が発見したといわれ、温泉宿は1796年(寛政8)藩の許可を得て元湯が開かれた。新湯は神の湯とよばれ、江戸末期に僧秀泉が開湯したという。泉質は塩化物泉。JR仙山線、国道48号が通じ、仙台駅からバスの便もあり、仙台の奥座敷となっている。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作並温泉の関連キーワード広瀬青葉山公園宮城県仙台市青葉区宮城県仙台市青葉区青葉町宮城県仙台市青葉区青葉山宮城県仙台市青葉区川内宮城県仙台市青葉区北根宮城県仙台市青葉区国見宮城県仙台市青葉区広瀬町宮城県仙台市青葉区茂庭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

作並温泉の関連情報