コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港湾荷役 こうわんにやく

世界大百科事典 第2版の解説

こうわんにやく【港湾荷役】

港湾内で船と陸との間で行われる貨物の積卸作業全般をいう。船の停泊場所の関係から,船を沖合に停泊させ,はしけやパイプラインを利用して貨物の輸送を行う沖荷役と,船を岸壁などの陸岸に直接横付けして荷役を行う接岸荷役とに分けられ,沖荷役のうちはしけを使用する場合をはしけ荷役ということもある。また上屋(うわや)内,陸岸とはしけの間,陸上の車両,各種積卸場における積卸作業は沿岸荷役と呼ばれ,これには上屋・倉庫間の貨物の輸送,倉庫への搬入作業も含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

港湾荷役
こうわんにやく

港湾において貨物の輸送および保管に付帯して発生する「積付け・取卸し」「仕分け・荷揃(ぞろ)え」「搬送・移送」の作業をいう。具体的に輸出雑貨貨物に例をとれば、荷主の工場ないし倉庫からトラックまたは貨車で積出し港へ輸送された貨物を、港で取卸し、上屋(うわや)や臨港倉庫に一時保管のため搬入し、通関後に搬出し、船に積み込むといった作業が発生するが、港で取卸し以降の一連の作業が港湾荷役である。
 港湾荷役は、貨物受渡しの境界区分から船内荷役と沿岸荷役に分かれ、本船の係留場所別によって沖荷役と接岸荷役とに分けられる。貨物の種類、性質、数量、大きさ、重さや荷姿によって荷役の方法が変わる。普通の包装貨物などを1個1個扱うことを個品荷役、パレットあるいはコンテナにまとめて扱う方式をユニット・ロード荷役、小麦、鉱石、セメントなどの粉粒体をそのまま扱うことをバラ荷役という。さらに荷役機械の使用の有無・程度によって「在来荷役」(人力荷役)と「革新荷役」(機械荷役)とに分けられる。そして機械荷役は、使用する機械の種類によってコンベヤー荷役、フォークリフト荷役、クレーン荷役などとよばれる。
 海上輸送の技術革新の進展により、港湾荷役の機械化、省力化が著しく進んできた。とりわけ各種大型専用船に対応するため、生産・流通施設の専用埠頭(ふとう)あるいは特定の貨物に対する専門埠頭といった新鋭埠頭の建設が各地で行われた。そこでは真空吸い込み方式を取り入れたサイロ荷役やコンテナ荷役に代表されるような高度に機械化した荷役方式(革新荷役)の整備が図られており、港湾荷役は大きく変質を遂げた。革新荷役全体については港湾運送事業における船舶積み卸し量の約6割を占めると推測されている。
 コンテナ貨物の取扱量は増加し、日本の港湾運送量全体の4割を占めている。地方港湾においても、しだいにコンテナ・ターミナルが整備され、コンテナ化が進展している。外国貿易定期船貨物量のコンテナ化率を取り出すと、2008年(平成20)の統計では輸出が91.2%、輸入が98.4%となっている。コンテナ荷役では、在来船の船内・沿岸荷役労働者にかわって、コンテナ・クレーンの操作やストラドル・キャリアー、トランステナーといったコンテナ荷役用専用運搬機械の運転などができる技能労働者が主役になっている。在来荷役の熟練労働者や日雇労働者だけでなく、輸送革新に対応しえない零細港湾運送業者も新鋭埠頭には進出できなかった。港湾荷役は在来荷役と革新荷役とに大きく二分されたが、在来荷役の分野は荷役量が減少した。
 1990年代以降、日本の港湾はシンガポール、香港(ホンコン)などアジアの主要港に比較して、コンテナ取扱量の伸び率が少なく、国際的地位が相対的に低下していることが指摘されるようになった。これは、日本の港湾が各種の規制を受けており、そのため国際基準と比べてサービスの水準が低いことが一因とみられている。
 全国の港湾では、港湾運送事業者団体と港湾労働者の組合との労使間協定で、日曜荷役を行わないことで推移してきた。しかし荷主や内外の海運業界から物流の効率化を求める強い要請を受け、1998年度から3年間、主要港における日曜荷役実施の協定が結ばれた。2000年に港運業の規制緩和が実施され、2001年には日曜荷役の恒久的実施、祝日の平日並荷役の実施、ゲートオープン時間の延長などが港湾労使間で合意に達し、港湾荷役は、1月1日を除いた1年364日24時間フルオープンとなった。[土居靖範]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の港湾荷役の言及

【港湾労働】より

…この意味では,かなりの部分を日雇労働者が担う港湾労働は前近代的な性格を残しているというよりは,むしろ前近代的な衣をまとった資本の利潤追求の現代的な一形態であるということができる。港湾荷役
[港湾労働法]
 このような港湾労働の状況を打破して,港湾運送に必要な労働力を確保するとともに,港湾労働者の雇用の安定と福祉を増進させるため,港湾労働者の雇用の調整を図ることを目的として,1965年に以下の内容をもつ港湾労働法が制定された。(1)この法律は東京,横浜,名古屋,大阪,神戸,関門の各港に適用される。…

※「港湾荷役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

港湾荷役の関連キーワードマンチェスター・シップ運河クレーン(起重機)労働者派遣事業法サウサンプトン住友金属物流元山ゼネスト国場 幸太郎船内荷役業者淀川製鋼所田岡 一雄三ツ輪運輸田岡一雄中谷興運栗林運輸名港海運火野葦平藤木企業オーナミ仲仕日新

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

港湾荷役の関連情報