仲春・中春(読み)ちゅうしゅん

精選版 日本国語大辞典「仲春・中春」の解説

ちゅう‐しゅん【仲春・中春】

〘名〙 (「ちゅうじゅん」とも。春の三か月の真中) 陰暦二月の異称。《季・春》
経国集(827)一一・詠殿前梅花〈平城天皇〉「仲春雖暖、梅樹向驚時」
太平記(14C後)六「正慶二年仲春二日、父が死骸にして」 〔書経‐堯典〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android