コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢海 いせのうみ

世界大百科事典 第2版の解説

いせのうみ【伊勢海】

催馬楽(さいばら)の曲名。歌詞は〈伊勢の海の 清きなぎさに しほがひに,なのりそや摘まむ 貝や拾はむや 玉や拾はむや〉。平調(ひようぢよう)音を宮(きゆう)とする律の部に属し,拍子10。旋律は,今日は廃絶した唐楽曲《拾翠楽(じゆすいらく)》の破に由来するという。室町末の動乱期に伝承が絶えたのを,1626年(寛永3)四辻季継が再興し,今日に至る。《安名尊(あなとうと)》《更衣(ころもがえ)》などとともに,催馬楽の有名曲。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊勢海
いせかい

伊勢湾」のページをご覧ください。

伊勢海
いせのうみ

催馬 (さいばら) の曲名。「いせのうみの…」という歌い出しを曲名とする。朝覲 (ちょうきん) 行幸の宴席の御遊 (ぎょゆう) などに演奏された律の曲の代表曲として,「更衣 (ころもがえ) 」とともに知られたが,室町時代に廃絶。寛永3 (1626) 年または天和3 (83) 年に,四辻季嗣によって古譜に基づいて再興され,その後の催馬楽復曲の範となった。平調 (ひょうぢょう) を主音とし,五拍子というリズムパターンによる曲。雅楽の管弦の「拾翠楽 (じゅすいらく) 」の旋律を応用して作られたともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の伊勢海の言及

【伊勢湾】より

…本州中央部の大湾で,古東海湖に海水が浸入して生じた。伊勢海(いせのうみ∥いせかい)ともいう。湾口の志摩半島と渥美半島の間に答志(とうし)島,菅島,神島などがあり,菅島水道,伊良湖水道により太平洋に通じる。…

【伊勢湾】より

…本州中央部の大湾で,古東海湖に海水が浸入して生じた。伊勢海(いせのうみ∥いせかい)ともいう。湾口の志摩半島と渥美半島の間に答志(とうし)島,菅島,神島などがあり,菅島水道,伊良湖水道により太平洋に通じる。…

※「伊勢海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊勢海の関連キーワード式守伊之助(初代)蓬莱飾り・蓬萊飾り式守伊之助(9代)松屋来助(初代)全国丼サミット鎧焼き・鎧焼舟盛り・舟盛式守五太夫熊本健吾野田碁文細工昆布濃尾平野鏡開き志摩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android