コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝覲 チョウキン

3件 の用語解説(朝覲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐きん〔テウ‐〕【朝×覲】

[名](スル)《「覲」は謁見の意》
諸侯または属国の王などが、参内して君主に拝謁すること。
「鎌倉に―するを以て」〈岡三慶・今昔較〉
年頭に、天皇が上皇または皇太后の御所に行幸すること。また、その儀式。践祚(せんそ)即位元服の後にも臨時に行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうきん【朝覲】

天皇が年の初めに太上天皇皇太后の宮に行幸して,正月のあいさつをすること。朝覲行幸ともいう。朝覲は本来は諸侯が天子に拝謁する意。多くは正月2日または3,4日を用いるが,吉日を選ぶこともあり,一定していない。嵯峨天皇の809年(大同4)8月を起源とするが,これは正月でなく,正月の行事としては仁明天皇の834年(承和1)をはじめとする。850年(嘉祥3)正月4日の例では,天皇は母后の橘嘉智子に朝覲のため冷泉院に行幸し,小雪降る北風の寒いなかに天皇が階下にひざまずき,また還るとき階下より鳳輦(ほうれん)に召すようにとの母后の命を天皇は固辞したが,左右大臣が〈礼は敬のみ,命の如くせしめ給ふべき〉と言上し,天皇は御簾の前にいたり,北面してひざまずき,階下に輦を寄せて,殿を下り輦に乗ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうきん【朝覲】

天皇が太上天皇や皇太后の御所に行幸し、恭敬の礼をつくすこと。年頭に行われる恒例の儀と、践祚・即位・元服の後に行われる臨時の儀とがある。
諸侯や属国の主が天子に拝謁すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝覲の関連キーワード芙照皇太后後崇光太上天皇太上天皇御陵太皇太后大葬崩ずる諒闇議親太皇太后宮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone