コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝覲(読み)チョウキン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐きん〔テウ‐〕【朝×覲】

[名](スル)《「覲」は謁見の意》
諸侯または属国の王などが、参内して君主に拝謁すること。
「鎌倉に―するを以て」〈岡三慶・今昔較〉
年頭に、天皇が上皇または皇太后御所に行幸すること。また、その儀式践祚(せんそ)即位元服の後にも臨時に行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうきん【朝覲】

天皇が年の初めに太上天皇,皇太后の宮に行幸して,正月のあいさつをすること。朝覲行幸ともいう。朝覲は本来は諸侯天子に拝謁する意。多くは正月2日または3,4日を用いるが,吉日を選ぶこともあり,一定していない。嵯峨天皇の809年(大同4)8月を起源とするが,これは正月でなく,正月の行事としては仁明天皇の834年(承和1)をはじめとする。850年(嘉祥3)正月4日の例では,天皇母后の橘嘉智子に朝覲のため冷泉院に行幸し,小雪降る北風の寒いなかに天皇が階下にひざまずき,また還るとき階下より鳳輦(ほうれん)に召すようにとの母后の命を天皇は固辞したが,左右大臣が〈礼は敬のみ,命の如くせしめ給ふべき〉と言上し,天皇は御簾の前にいたり,北面してひざまずき,階下に輦を寄せて,殿を下り輦に乗ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうきん【朝覲】

天皇が太上天皇や皇太后の御所に行幸し、恭敬の礼をつくすこと。年頭に行われる恒例の儀と、践祚・即位・元服の後に行われる臨時の儀とがある。
諸侯や属国の主が天子に拝謁すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android