コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝家の宝刀 デンカノホウトウ

デジタル大辞泉の解説

でんか‐の‐ほうとう〔‐ホウタウ〕【伝家の宝刀】

家に代々伝わる大切な刀。転じて、いよいよという場合にのみ使用するもの。切り札。「伝家の宝刀を抜く」
[補説]文化庁が発表した平成24年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「伝家の宝刀」を使う人が54.6パーセント、本来の言い方ではない「天下宝刀」を使う人が31.7パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんかのほうとう【伝家の宝刀】

代々家に伝わっている名刀。
いざという時以外は使わない思い切った手段。とっておきの切り札。 「いよいよ-を抜く時だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝家の宝刀の関連キーワード衆院議員の任期と解散とっておき七条解散世論調査緊急調整文化庁勧告権名刀手段補説伝家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝家の宝刀の関連情報