コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

じ【似】[漢字項目]

[音](呉) [訓]にる
学習漢字]5年
〈ジ〉にる。「疑似近似酷似相似類似
〈に〉「似顔似姿空似
[名のり]あえ・あゆ・あり・あれ・い・かた・ちか・つね・に・のり
[難読]似非(えせ)似而非(えせ)真似(まね)

に【似】

[語素]体言の下に付いて、そのものに似ているさまを表す。「母親」「他人の空

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

に【似】

〔動詞「似る」の連用形から〕
名詞の下に付いて、複合語をつくり、そのものに似ていることを表す。 「おとうさん-」 「他人の空-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

似の関連キーワードミッチェルリッヒの同形の法則似ても似つかぬパステルカラー似れば似るものおとうさん他人の空似鶯色・鴬色アクチニド文林茶入れ已己巳己琴柱火灯雪に白鷺観世国広大黒帽子相良麩団亀笊金属性複合語代赭色鬼っ子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

似の関連情報