コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

じ【似】[漢字項目]

[音](呉) [訓]にる
学習漢字]5年
〈ジ〉にる。「疑似近似酷似相似類似
〈に〉「似顔似姿空似
[名のり]あえ・あゆ・あり・あれ・い・かた・ちか・つね・に・のり
[難読]似非(えせ)似而非(えせ)真似(まね)

に【似】

[語素]体言の下に付いて、そのものに似ているさまを表す。「母親」「他人の空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

に【似】

〔動詞「似る」の連用形から〕
名詞の下に付いて、複合語をつくり、そのものに似ていることを表す。 「おとうさん-」 「他人の空-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

似の関連キーワードミッチェルリッヒの同形の法則似れば似るもの下駄と焼き味噌パステルカラー似たり・似艜キャラが被るアクチニド似た者夫婦文林茶入れ他人の空似おとうさん観世国広魚目燕石荻野安静琴柱火灯已己巳己人面疽円錐形四不像団亀笊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

似の関連情報