コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低周波音 テイシュウハオン

4件 の用語解説(低周波音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていしゅうは‐おん〔テイシウハ‐〕【低周波音】

周波数がおよそ100ヘルツ以下の音。このうち20ヘルツ以下を超低周波音という。
[補説]人間の耳に聞こえる音波は20ヘルツから2万ヘルツ(20キロヘルツ)程度とされ、2万ヘルツ以上の音波は超音波呼ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

低周波音

人の耳は2千~5千ヘルツ付近の感度が最もよく、周波数が低くなるほど音も低くなり、聞きにくくなる。低周波音は100ヘルツ以下の音で、船やヘリ、トラックエンジン音、波が防波堤で砕ける音などに多く含まれる。眠りにくさや気分のいらいら、頭痛、吐き気を引き起こすこともあるとされる。普天間飛行場の周辺住民が起こした「爆音訴訟」の2010年の控訴審判決では、福岡高裁那覇支部が米軍ヘリの低周波音と原告の精神的苦痛の関係を認定した。

(2013-03-31 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

低周波音

周波数が1ヘルツ~100ヘルツ程度の、特に低い音のこと。バスやトラックなど大型のエンジン音や変圧器の音などに多く含まれる。人間には聞こえにくい音であり、20ヘルツの音は2000ヘルツの音に比べ、約80デシベル以上強くないと感じられない。低周波音による悪影響としては、眠りが浅い時に10ヘルツ・100デシベル以上の強い音を流されると目が覚めるという実験結果があり、窓や戸などは20ヘルツ・80デシベル程度でがたつくことがある。環境省によると、全国の自治体に寄せられた低周波音に対する苦情が2008年度に200件を超え、20年前の約20倍に増えているという。深夜に長時間動く家庭用燃料電池や家庭用ヒートポンプ給湯機などが増えたことによるものと考えられており、14年12月には消費者庁消費者安全調査委員会が、健康被害に低周波音が関係している可能性があるとの報告書を公表した。

(2016-3-1)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

低周波音
ていしゅうはおん
low frequency sound

一般に周波数が100ヘルツ以下の音のこと。このうち、20ヘルツ以下の音を超低周波音とよんで区別することがある。低周波音の発生源となりやすいものとしては、風や波浪といった自然物の音をはじめ、トラックやバスに使われているディーゼルエンジン、空調の室外機の音、電車がトンネルを通過する際の圧力波などがある。人の耳は、2000~5000ヘルツの音に対しもっとも感度がよいとされており、周波数が低くなるほど聞きづらくなるため、低周波音は、とくに聞き取りにくい音といえる。このような音は、日常生活をおくる環境に広く存在し、一般的に人がうるさいと感じる騒音よりも周波数がかなり低いため、生理的影響を直接与える可能性は少ないと考えられている。環境省によると、窓や戸、家具などの揺れやがたつきなどの物的な状況で拡張されている場合や、低周波音に敏感な人の場合には、心身に圧迫感や乗り物酔いのような不快感を生じさせるような影響が出ることがあるが、一般的には、眠りが浅いときに目が覚める程度という調査結果がある。そのため、環境基準によって騒音として取り締まるような規制は設けられていない。
 ただし、聞こえ方に個人差が大きいため、さまざまな問題が起きている。たとえば、風力発電施設の風車の風切り音によって、不眠や頭痛などの健康障害を訴える人が多い地域がみられており、また、一般家庭におけるヒートポンプ式電気給湯器が稼働する際に発生する低周波音をめぐり、近隣同士でトラブルになるケースが多発している。2005年度(平成17)において地方公共団体が受けた低周波音への苦情件数は、10年前の5倍あまりの135件となり、それ以降も増加する傾向にある(環境省公表)。問題が起こった場合は法的な解決がむずかしいため、発生源を検証したうえで、装置の取替えや防音壁を設置するなど、個々の問題に対処する形で解決が図られることが多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低周波音の関連キーワードASA感度可聴音キロヘルツヘルツェゴビナアルファ波JIS感度ヘルムホルツコイルヘルツリヤヘルツルの丘圧効果(写真)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低周波音の関連情報