コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐山検校 さやまけんぎょう

3件 の用語解説(佐山検校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐山検校
さやまけんぎょう

[生]?
[没]元禄7(1694).11.14.
盲人の地歌三弦家。都名 (いちな) は本一。寛文6 (1666) 年検校登官。柳川検校に師事。浅利検校とともに江戸の名人として知られた。三味線組歌破手組『片撥』の奏法を発展させ,地歌三弦に「長歌」の新様式を創始したともいわれ,その作品は『雲井弄斎』『木遣』『小夜衣』『桜尽し』『冬草』など今日でも演奏される名曲である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐山検校 さやまけんぎょう

?-1694 江戸時代前期の地歌演奏・作曲家。
江戸で山本てう一に師事,寛文6年検校。柳川検校の門人ともいう。長歌(ながうた)物を創始し,「松の葉」に「若緑」「桜尽し」「冬草」など12曲が収録されている。元禄(げんろく)7年2/11月14日死去。名は本一(ほんいち)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐山検校

没年:元禄7.2.14(1694.3.9)
生年:生年不詳
江戸前期の地歌箏曲家。狭山とも記す。名は本一。寛文6(1666)年,検校。柳川検校門弟と伝えられ,同門の浅利検校と共に江戸で活躍。『律呂三十六声麓之塵』(1732)によれば,三味線組歌本手組のモロバチ(上から下に撥をおろす普通の弾き方と下からすくい上げるスクイバチをつなげて弾く)が当時の人の好みに合わないと考え,破手組のカタバチ(スクイバチをつなげずに弾く弾き方)から工夫した長歌を創始した。「木遣」「雲井弄斎」「恋衣」「桜尽」「小夜衣」「冬草」など,彼の作曲した長歌12曲の歌詞が『松の葉』(1703)に収録される。「砧」「三段獅子」なども作曲。一説に11月14日没とも。

(野川美穂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐山検校の言及

【砧】より

…【竹内 道敬】(4)地歌・箏曲の曲名。佐山検校(?‐1694)作曲の三弦曲および生田検校作曲と伝えられる箏曲を源流とする。砧の擬音的表現を主題とする4段構造の器楽曲で,能とは無関係。…

【地歌】より

…現在では,京都の伝承は6曲ほどのみであるが,大阪では32曲のすべてが伝承され,表組,破手組,裏組,中組,奥組に分類される。 カタバチの奏法によって,組歌形式でなく,1曲が統一的な主題で一貫される新歌曲を創始したのは,江戸の佐山検校(?‐1694)であった。その新歌曲も,元禄期には組歌と同様に伝承上の規範曲とされ,これを〈長歌〉と称した。…

※「佐山検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐山検校の関連キーワード菊岡検校菊原琴治富崎春昇松浦検校天笠才寿浦崎検校菊高検校菊塚与市古賀城武長瀬勝男一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone