冬草(読み)ふゆくさ

精選版 日本国語大辞典「冬草」の解説

ふゆ‐くさ【冬草】

〘名〙 冬の。また、枯草。《季・冬》
能宣集(984‐991)「かくれぬのこほりとぢたるふゆくさのふたばわづかにいまやとくらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「冬草」の解説

ふゆくさ[書名]

土屋文明の第1歌集。大正14年(1925)刊。明治42年(1909)から大正13年(1924)までの作品、380首を収める。

ふゆ‐くさ【冬草】

冬の草。特に、冬になっても枯れないで青く残っている草。 冬》鎌倉や—青く松緑/虚子
[補説]書名別項。→ふゆくさ
[類語]草本千草春草若草夏草秋草枯れ草干し草蔓草水草浮き草牧草薬草ハーブ野草庭草雑草下草下生え山草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android