コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬草 フユクサ

デジタル大辞泉の解説

ふゆ‐くさ【冬草】

冬の。特に、になっても枯れないで青く残っている草。 冬》「鎌倉や―青く松緑/虚子
[補説]書名別項。→ふゆくさ

ふゆくさ[書名]

土屋文明の第1歌集。大正14年(1925)刊。明治42年(1909)から大正13年(1924)までの作品、380首を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふゆくさ【冬草】

冬の枯れた草。
冬も青々としている枯れない草。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冬草の関連キーワード加倉井 秋を加倉井秋を菊原初子佐山検校冬草の忘れ水長歌離るにき

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android