冬草(読み)フユクサ

デジタル大辞泉 「冬草」の意味・読み・例文・類語

ふゆ‐くさ【冬草】

冬の草。特に、冬になっても枯れないで青く残っている草。 冬》鎌倉や―青く松緑虚子
[補説]書名別項。→ふゆくさ
[類語]草本千草春草若草夏草秋草枯れ草干し草蔓草水草浮き草牧草薬草ハーブ野草庭草雑草下草下生え山草

ふゆくさ[書名]

土屋文明の第1歌集。大正14年(1925)刊。明治42年(1909)から大正13年(1924)までの作品、380首を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「冬草」の意味・読み・例文・類語

ふゆ‐くさ【冬草】

  1. 〘 名詞 〙 冬の草。また、枯草。《 季語・冬 》
    1. [初出の実例]「かくれぬのこほりとぢたるふゆくさのふたばわづかにいまやとくらん」(出典:能宣集(984‐991))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android