コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡山田村善兵衛 さどやまだむら ぜんべえ

2件 の用語解説(佐渡山田村善兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐渡山田村善兵衛 さどやまだむら-ぜんべえ

1793-1839 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
寛政5年生まれ。佐渡(新潟県)羽茂郡(はもちぐん)上山田村の農民。天保(てんぽう)9年佐渡奉行に対する不満を佐渡一国惣代として巡見使に上訴し,投獄された。島内の農民は米屋などをうちこわす一揆(天保一国騒動)をおこしたが,鎮圧され,善兵衛は天保10年江戸で獄死した。47歳。姓は中川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡山田村善兵衛
さどやまだむらぜんべえ
(1805―1839)

江戸後期の義民。1838年(天保9)佐渡(さど)に起きた一国騒動の指導者である。佐渡国羽茂(はもち)郡上山田村(新潟県佐渡市南部)の小農善兵衛家に生まれる。38年、幕府は先例(将軍世継(よつぎ))に倣って巡見使を諸国に派遣した。このとき、数年来の凶作に対する対応を不満として平百姓たちが巡見使に対する強訴を計画、上山田村善兵衛が1国263か村のうち200余村の調印を得て、本文16か条と追訴状を巡見使に提出した。奉行所(ぶぎょうしょ)は徒党の禁を犯したとして善兵衛を召喚したが、善兵衛は応じなかった。善兵衛投獄に端を発した一揆(いっき)は、小木(おぎ)町問屋、全島各地の米屋など131軒を打毀(うちこわ)した。この一揆は役人方70余人、農民側90余人を処罰して終わった。善兵衛は江戸に送られ獄死した。[田中圭一]
『『佐渡百姓共騒立付吟味落着一件留』(1966・佐渡高校同窓会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐渡山田村善兵衛の関連キーワード清繁空二甲賀文麗清谷多湖訥斎長隠(1)鶴脛高女富永漸斎松浦助六村瀬櫟園

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone