コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤一英 さとう いちえい

2件 の用語解説(佐藤一英の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤一英 さとう-いちえい

1899-1979 大正-昭和時代の詩人。
明治32年10月13日生まれ。大正11年春山行夫らと「青騎士(せいきし)」を創刊。同年象徴詩集「晴天」を刊行。のち古典的詩風にかわるとともに,日本詩の韻律の研究と実作に転じ,「新詩論」「椎の木」に論考を発表,詩集「新韻律詩抄」「空海頌(そらうみのたたえ)」などをあらわした。昭和54年8月24日死去。79歳。愛知県出身。早大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤一英
さとういちえい
(1899―1979)

詩人。愛知県に生まれる。早稲田(わせだ)大学英文科予科中退。予科時代、吉田一穂(いっすい)、中山義秀(ぎしゅう)、横光利一(りいち)らと知る。菊池寛(かん)論『軽さと重さ』(1919)によって注目されたが、のちに春山行夫(ゆきお)らと詩誌『青騎士』を創刊。また『文芸時代』『詩と詩論』『新詩論』などに精力的に詩、評論を発表。おもな詩集に、若々しいロマンチシズムに彩られた処女詩集『晴天』(1922)、『故園の莱(あかざ)』(1923)、『魂の楯(たて)』(1942)などのほか、第二次世界大戦後の時代状況を歌った『乏しき木片』(1947)、『幻の鐘』(1948)などがある。新韻律詩を実践提唱したことでも知られ、『新韻律詩論』(1940)がある。[原 子朗]
『『日本詩人全集32 明治大正詩集』(1969・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤一英の関連キーワード井上康文上田敏雄岡本弥太加藤一夫木村好子国木田虎雄沢ゆき滝口武士ドン ザッキー正富汪洋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤一英の関連情報