三富朽葉(読み)みとみきゅうよう

  • 1889―1917
  • みとみくちは
  • 三富朽葉 みとみ-くちは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1889.8.14. 長崎壱岐
[没]1917.8.2. 千葉
詩人。本名義臣。 1909年早稲田大学在学中に人見東明らと自由詩社結成,機関誌『自然と印象』や『早稲田文学』に『仏蘭西文壇の現在』 (1913) などフランス象徴詩の紹介や評論および自作口語自由詩を発表。犬吠岬で遊泳中溺死した。没後三富朽葉詩集』 (26) が刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1889-1917 明治-大正時代の詩人。
明治22年8月14日生まれ。自由詩社結成にくわわり,機関誌「自然と印象」などに寄稿。フランス象徴詩にまなび,口語散文詩の先駆的作品をのこした。大正6年8月2日千葉県犬吠埼(いぬぼうざき)で今井白楊(はくよう)と遊泳中,ともに水死。29歳。遺稿集に「三富朽葉詩集」(増田篤夫編)。長崎県出身。早大卒。本名は義臣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:大正6.8.2(1917)
生年:明治22.8.14(1889)
明治大正時代の詩人。道臣,まつの長男。父の赴任先,長崎県石田郡武生水村で生まれる。本名義臣。明治29(1896)年,一家揃って上京。暁星中学,早大高等予科で学び,『文庫』などに和歌や詩を投稿する。41年,マラルメの『秋の悲歌』を訳し,以降,多数のフランス詩を訳し始める。42年,今井白楊,人見東明などと自由詩社を結成したり,翌年,神楽坂のレストランの一隅にクラブを開いて主宰したりする。フランスの文学サロンをイメージしたものだろう。象徴主義に関心を抱き,やがてヴェルハーレンに傾倒する。マドモワゼル・ブランシュと呼んだ芸者高木しろ子と結婚するが,まもなく離婚。犬吠岬で遊泳中,白楊と共に溺死。

(及川茂)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1889~1917 詩人。長崎県生まれ。本名、義臣。早大卒。青春の感性を洗練された象徴詩に結晶させ、口語散文詩なども試みた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩人。長崎県壱岐(いき)郡武生水(むしょうず)村(現壱岐市郷ノ浦(ごうのうら)町)に生まれる。本名義臣。東京の暁星中学校に入り、1911年(明治44)7月早稲田(わせだ)大学を卒業。1909年自由詩社を結成し、パンフレット『自然と印象』を刊行、22編の作品を発表して注目された。また『三田(みた)文学』や『朱欒(ざんぼあ)』に「雨の唄(うた)」「冬の唄」など重要な作品も書いた。象徴派からベルハーレン風の理想主義の詩風に特色をもつ。大正6年8月2日、千葉県の犬吠埼(いぬぼうさき)の海で親友の詩人今井白楊(はくよう)とともに溺死(できし)した。死後、未発表の遺稿を加えて一巻にまとめた『三富朽葉詩集』(1926・第一書房)や『三富朽葉全集』全3巻(1978・牧神社)がある。[古川清彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

詩人。長崎県出身。本名義臣。名は、一般には「きゅうよう」と呼ばれる。早稲田大学英文科卒。フランス象徴派の詩人に傾倒し、詩作のかたわら、フランス象徴詩に関する翻訳、評論などを残した。詩集「三富朽葉詩集」など。明治二二~大正六年(一八八九‐一九一七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android