コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三富朽葉 みとみきゅうよう

7件 の用語解説(三富朽葉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三富朽葉
みとみきゅうよう

[生]1889.8.14. 長崎,壱岐
[没]1917.8.2. 千葉
詩人。本名,義臣。 1909年早稲田大学在学中に人見東明らと自由詩社を結成,機関誌『自然と印象』や『早稲田文学』に『仏蘭西文壇の現在』 (1913) などフランス象徴詩の紹介や評論および自作の口語自由詩を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みとみ‐くちは【三富朽葉】

[1889~1917]詩人。名は「きゅうよう」とも。長崎の生まれ。本名、義臣。フランス近代詩を研究、象徴詩や訳詩を発表した。犬吠埼(いぬぼうさき)で溺死。「三富朽葉詩集」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三富朽葉【みとみきゅうよう】

詩人。本名義臣。長崎県生れ。早大英文卒。マラルメランボーらフランス象徴詩の移入・紹介に努め,《早稲田文学》などに口語自由詩の先駆的な作品を発表した。しかし,若くして水死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三富朽葉 みとみ-くちは

1889-1917 明治-大正時代の詩人。
明治22年8月14日生まれ。自由詩社結成にくわわり,機関誌「自然と印象」などに寄稿。フランス象徴詩にまなび,口語散文詩の先駆的作品をのこした。大正6年8月2日千葉県犬吠埼(いぬぼうざき)で今井白楊(はくよう)と遊泳中,ともに水死。29歳。遺稿集に「三富朽葉詩集」(増田篤夫編)。長崎県出身。早大卒。本名は義臣。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三富朽葉

没年:大正6.8.2(1917)
生年:明治22.8.14(1889)
明治大正時代の詩人。道臣,まつの長男。父の赴任先,長崎県石田郡武生水村で生まれる。本名義臣。明治29(1896)年,一家揃って上京。暁星中学,早大高等予科で学び,『文庫』などに和歌や詩を投稿する。41年,マラルメの『秋の悲歌』を訳し,以降,多数のフランス詩を訳し始める。42年,今井白楊,人見東明などと自由詩社を結成したり,翌年,神楽坂のレストランの一隅にクラブを開いて主宰したりする。フランスの文学サロンイメージしたものだろう。象徴主義に関心を抱き,やがてヴェルハーレンに傾倒する。マドモワゼル・ブランシュと呼んだ芸者高木しろ子と結婚するが,まもなく離婚。犬吠岬で遊泳中,白楊と共に溺死。

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みとみくちは【三富朽葉】

1889~1917) 詩人。長崎県生まれ。本名、義臣。早大卒。青春の感性を洗練された象徴詩に結晶させ、口語散文詩なども試みた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三富朽葉
みとみくちは
(1889―1917)

詩人。長崎県壱岐(いき)郡武生水(むしょうず)村(現壱岐市郷ノ浦(ごうのうら)町)に生まれる。本名義臣。東京の暁星中学校に入り、1911年(明治44)7月早稲田(わせだ)大学を卒業。1909年自由詩社を結成し、パンフレット『自然と印象』を刊行、22編の作品を発表して注目された。また『三田(みた)文学』や『朱欒(ざんぼあ)』に「雨の唄(うた)」「冬の唄」など重要な作品も書いた。象徴派からベルハーレン風の理想主義の詩風に特色をもつ。大正6年8月2日、千葉県の犬吠埼(いぬぼうさき)の海で親友の詩人今井白楊(はくよう)とともに溺死(できし)した。死後、未発表の遺稿を加えて一巻にまとめた『三富朽葉詩集』(1926・第一書房)や『三富朽葉全集』全3巻(1978・牧神社)がある。[古川清彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三富朽葉の関連キーワード平井晩村榎本武憲岡田松之助国木田虎雄沢ゆき尚昌松浦栄松平武修松本源太郎(1)山本松之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三富朽葉の関連情報