コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤助九郎(初代) さとう すけくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤助九郎(初代) さとう-すけくろう

1847-1904 幕末-明治時代の実業家。
弘化(こうか)4年6月18日生まれ。文久2年越中柳瀬村(富山県砺波市)に佐藤組(現佐藤工業)を設立。神通川,庄川などの治水工事を手がける。明治25年からの常願寺川改修ではデ=レーケをまねき指導をうけた。明治中期からは東海道本線,中央本線などの鉄道工事にも進出。明治37年10月20日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

佐藤助九郎(初代) (さとうすけくろう)

生年月日:1847年6月18日
江戸時代後期;末期;明治時代の実業家
1904年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android