佐藤太清(読み)さとう たいせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤太清 さとう-たいせい

1913-2004 昭和-平成時代の日本画家。
大正2年11月10日生まれ。児玉希望に師事。昭和18年「かすみ網」で文展初入選。日月社のほか,日展に出品し,22年「清韻」,27年「睡蓮」が特選となり,41年「風騒」が文部大臣賞,翌年芸術院賞を受賞した。伝統の花鳥画風景画に斬新な現代表現を確立した。55年芸術院会員。60-62年日展理事長。63年文化功労者。平成4年文化勲章。平成16年11月6日死去。90歳。京都出身。本名は実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤太清
さとうたいせい

[生]1913.11.10. 京都,福知山
[没]2004.11.6. 東京,板橋
日本画家。本名は實。東京外国語大学を中退後,1932年児玉希望に師事。 1947年『清韻』,1952年『睡蓮』で日展特選2回。 1960年日展会員,1971年同理事となる。繊細で写実的な表現方法で,叙情的な花鳥画や風景画を描き,日本画壇に新境地を開いた。 1966年『風騒』で日展文部大臣賞,翌 1967年日本芸術院賞を受賞。 1981年日本芸術院会員。 1988年文化功労者。 1992年文化勲章を受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤太清
さとうたいせい
(1913―2004)

日本画家。本名佐藤實。京都府福知山市に生まれる。実践(じっせん)商業卒業。1932年(昭和7)児玉(こだま)希望(1898―1971)に師事。その後、日展で活躍。代表作には、47年『清韻』、52年『睡蓮(すいれん)』、66年日展の文部大臣賞と日本芸術院賞を受賞した『風騒』、80年『旅の朝』などがある。伝統的な花鳥画と風景画の分野において、繊細で格調高い写実的な表現方法を確立し、日本画の世界に新境地を開いた。80年日本芸術院会員、85年日展理事長に就任。92年(平成4)文化勲章を受章。93年福知山市名誉市民となった。[二階堂充]
『『花乃譜二題 豪華オリジナル石版画集』(1978・毎日新聞社) ▽『日本の抒情 花の譜――佐藤太清集』(1978・ふたば書房) ▽『洋花二季 佐藤太清オリジナル石版画集』(1979・毎日新聞社) ▽『佐藤太清画集』(1984・実業之日本社) ▽福知山市美術館編『佐藤太清画集 文化勲章受章記念』(1993・福知山市) ▽板橋区立美術館編・刊『佐藤太清――瞬間の生命と永久の時 文化勲章受章記念展』(1994)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤太清の関連情報