コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤太清 さとう たいせい

4件 の用語解説(佐藤太清の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐藤太清

日本画家。大正2年(1913)京都生。児玉希望に師事する。芸術院賞受賞。芸術院会員文化功労者文化勲章受章。東京住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤太清 さとう-たいせい

1913-2004 昭和-平成時代の日本画家。
大正2年11月10日生まれ。児玉希望に師事。昭和18年「かすみ網」で文展初入選。日月社のほか,日展に出品し,22年「清韻」,27年「睡蓮」が特選となり,41年「風騒」が文部大臣賞,翌年芸術院賞を受賞した。伝統の花鳥画と風景画に斬新な現代表現を確立した。55年芸術院会員。60-62年日展理事長。63年文化功労者。平成4年文化勲章。平成16年11月6日死去。90歳。京都出身。本名は実。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤太清
さとうたいせい

[生]1913.11.10. 京都,福知山
[没]2004.11.6. 東京,板橋
日本画家。本名は實。東京外国語大学を中退後,1932年児玉希望に師事。 1947年『清韻』,1952年『睡蓮』で日展特選2回。 1960年日展会員,1971年同理事となる。繊細で写実的な表現方法で,叙情的な花鳥画や風景画を描き,日本画壇に新境地を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤太清
さとうたいせい
(1913―2004)

日本画家。本名佐藤實。京都府福知山市生まれる。実践(じっせん)商業卒業。1932年(昭和7)児玉(こだま)希望(1898―1971)に師事。その後、日展で活躍。代表作には、47年『清韻』、52年『睡蓮(すいれん)』、66年日展の文部大臣賞と日本芸術院賞を受賞した『風騒』、80年『旅の朝』などがある。伝統的な花鳥画と風景画の分野において、繊細で格調高い写実的な表現方法を確立し、日本画の世界に新境地を開いた。80年日本芸術院会員、85年日展理事長に就任。92年(平成4)文化勲章を受章。93年福知山市名誉市民となった。[二階堂充]
『『花乃譜二題 豪華オリジナル石版画集』(1978・毎日新聞社) ▽『日本の抒情 花の譜――佐藤太清集』(1978・ふたば書房) ▽『洋花二季 佐藤太清オリジナル石版画集』(1979・毎日新聞社) ▽『佐藤太清画集』(1984・実業之日本社) ▽福知山市美術館編『佐藤太清画集 文化勲章受章記念』(1993・福知山市) ▽板橋区立美術館編・刊『佐藤太清――瞬間の生命と永久の時 文化勲章受章記念展』(1994)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤太清の関連キーワード林大飛鳥井雅道石田一良井上清岩本博行国分正胤藤間生大長岡毅永原慶二柚木学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤太清の関連情報