コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐貫藩 さぬきはん

2件 の用語解説(佐貫藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さぬきはん【佐貫藩】

江戸時代上総(かずさ)国天羽(あまは)郡佐貫(現、千葉県富津(ふっつ)市佐貫)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は誠道館。戦国時代、佐貫城は里見氏の居城だったが、1590年(天正(てんしょう)18)の徳川家康(とくがわいえやす)関東入国の際、譜代の家臣内藤家長(いえなが)に2万石を与えて入封(にゅうほう)させた。家長は関ヶ原の戦いの際の伏見城攻防戦で戦死、嫡子(ちゃくし)政長(まさなが)が後を継いだ。その後加増されて4万5000石となったが、22年(元和(げんな)8)に7万石で陸奥(むつ)国磐城平(いわきたいら)藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となった。代わって松平(桜井)忠重(ただしげ)が1万5000石で入封。以後、一時廃藩をはさみ、松平(能見(のみ))氏、阿部氏と続いた。阿部氏は、1710年(宝永(ほうえい)7)に三河(みかわ)国刈谷藩から入った阿部正鎮(まさたね)以後、明治維新まで8代続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で佐貫県となり、その後、木更津(きさらづ)県を経て73年千葉県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐貫藩
さぬきはん

上総(かずさ)国天羽(あまは)郡佐貫(千葉県富津(ふっつ)市)に居城を置いた譜代(ふだい)藩。佐貫城は戦国時代には一時期里見氏の居城であったが、1590年(天正18)に徳川家康の領となり、城番として内藤家長(いえなが)2万石が置かれた。家長は1600年(慶長5)に伏見(ふしみ)城で戦死し、遺領を嫡子政長(まさなが)が継いだ。その後政長は加増されて4万5000石となり、1622年(元和8)に7万石で磐城平(いわきたいら)へ転封となる。その後へは松平(桜井)忠重(ただしげ)が1万5000石で入封したが、1633年(寛永10)に駿河(するが)田中に移り一時廃藩。1639年に松平(能見(のみ))勝隆(かつたか)が1万5000石で入封、その子重治(しげはる)のとき領地没収となりふたたび廃藩。1710年(宝永7)に阿部正鎮(まさたね)が三河刈谷(かりや)藩から1万6000石で入封し佐貫城を再築した。阿部氏佐貫藩は1871年(明治4)の廃藩まで続いた。藩領は佐貫県、木更津(きさらづ)県を経て千葉県に編入。[川名 登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐貫藩の言及

【阿部氏】より

…維新後は伯爵。上総佐貫藩主の阿部氏は同家の支流。重次の次男正春を祖とする。…

※「佐貫藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐貫藩の関連キーワード上総上総木綿上総尻繋赤井一貞上総大輔上総一上総屋留三郎巨勢馬主栖原角兵衛(初代)堀河院中宮上総

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone