コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀錦 サガニシキ

5件 の用語解説(佐賀錦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さが‐にしき【佐賀錦】

縦糸に金銀箔を紙にはって細く切ったもの、横糸に多彩な絹糸を用いて、幾何学模様や絵模様を織り出した手織りの錦織物。江戸中期、佐賀鹿島藩の鍋島家9代夫人の創案という。紙入れハンドバッグなどに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐賀錦【さがにしき】

絹の錦織の一種。江戸時代に佐賀藩の女性たちが手仕事として作ったもので,現在も行われる。緯(よこ)糸は絹あるいは綿糸で,経(たて)糸には和紙に金・銀箔(はく)をはったものを細く切って用い模様を織り出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さがにしき【佐賀錦】

織物の一種。江戸時代から佐賀藩支藩の鹿島藩家中で行われてきた手芸品。もとは鹿島錦と称していたが,1910年の日英博覧会に出品したときから佐賀錦と改称した。長さ45cm,幅30cmくらいの木製の組台に,金銀漆の箔の和紙を0.5~1mmに裁って経糸とし,多彩な絹糸を緯糸に用い,下に置いた図柄に従って竹べらで経糸をすくい,あぐり(一種の杼)を通し,綴錦風に柄を織り出したもの。現在も佐賀市,鹿島市でおもに生産される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さがにしき【佐賀錦】

近世、肥前(佐賀)鹿島藩で創製された手織り織物。金銀箔や漆を塗った和紙を糸状に裁ってたて糸とし、よこ糸には絹糸を用いて、主に平織りにする。袋物・草履表などとする。鹿島錦。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐賀錦
さがにしき

江戸中期、肥前(佐賀県)鹿島(かしま)藩主9代鍋島直(なべしまなおすね)夫人が、家臣とともに考案創始した手織物の一種。鹿島錦と称され、鍋島家御殿女中の手によって伝承された。幕末期に一時沈滞したが、鍋島藩出身の大隈重信(おおくましげのぶ)夫人によって再興され、佐賀錦と改称されたのである。
 卓上織台は狂いにくい栓(せん)の木(ハリギリ)やホオノキの類を用いてつくられ、長さは約45センチメートル、幅は24センチメートル(小幅)、30センチメートル(中幅)、36センチメートル(大幅)の3種、高さは約15センチメートル、台裏には巻棒を2本取り付ける。緯(よこ)糸はすべて本絹糸を使うが、経(たて)糸としては特殊な金銀紙を用いる。長さ約60センチメートル、幅約24センチメートルの特殊な和紙に金銀箔(はく)を置いたもので、この経紙を上下各3センチメートルほど残して中を縦に細かく切れ目を入れて糸状にする。切れ目を入れる間隔は、20割(曲尺(かねじゃく)1寸を20条に分ける)から60割まで、5割ごとに段階がある。緯糸の太さは、20割から30割の経に対しては太糸、35割から40割には中糸、45割から50割には細糸、55割から60割には極細と、順次かえることとする。織り方は平織、綾(あや)織、模様織の3種が基本だが、経紙にあらかじめ模様を描いてから割って平織にするという新技法(井上式今様織)が開発され、より自由な表現が可能になった。ただ、材料が高価で織台の大きさにも制約があるため、用途としてはバッグ、札入れ、帯締、羽織紐(ひも)などの小物が中心。帯や衝立(ついたて)などにアップリケ的に用いられることもある。1994年(平成6)古賀フミが国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。[秋山光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐賀錦の関連キーワード草場佩川加賀鍋島氏鹿島[市]大塚克忠多久安順鍋島直賢鍋島直之鍋島治茂鍋島正茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐賀錦の関連情報