コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余市町 よいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余市〔町〕
よいち

北海道西部,石狩湾にのぞむ町。 1900年町制。地名はアイヌ語ユーチ (ヘビのいるところの意) に由来。江戸時代後期から昭和初期までニシン漁で繁栄し,明治4 (1871) 年会津藩士らの入植後,余市川沿岸の開拓が進んで農業が発達。リンゴ,ブドウ,ナシなどの果樹栽培とキュウリなどの野菜栽培が盛ん。余市港を基地に,スケトウダラ,イカ,カレイ,イカナゴなどの沿岸漁業も行われる。ウイスキー,ワインの醸造工場も立地。石狩湾岸は,ろうそく岩などの奇岩や絶壁などから成る風景美,海水浴場,釣場に恵まれ,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定。このほかモイレ山のよいち水産博物館や,縄文時代の刻画が残るフゴッペ洞窟旧下ヨイチ運上家などの史跡がある。 JR函館本線,国道5号線,229号線が通る。面積 140.59km2。人口 1万9607(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よいち‐ちょう〔‐チヤウ〕【余市町】

余市

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

余市町の関連キーワード北海道余市郡余市町豊浜町北海道余市郡余市町富沢町北海道余市郡余市町豊丘町北海道余市郡余市町美園町北海道余市郡余市町白岩町北海道余市郡余市町朝日町北海道余市郡余市町大川町北海道余市郡余市町潮見町北海道余市郡余市町梅川町北海道余市郡余市町山田町北海道余市郡余市町入舟町北海道余市郡余市町浜中町北海道余市郡余市町黒川町スペース・アップルよいち北海道余市郡余市町栄町北海道余市郡余市町港町北海道余市郡余市町登町北海道余市郡余市町沢町ブランデーワインウイスキー博物館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余市町の関連情報