コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い込む/遣い込む ツカイコム

デジタル大辞泉の解説

つかい‐こ・む〔つかひ‐〕【使い込む/遣い込む】

[動マ五(四)]
任されたり預かったりした金銭を自分のことに使う。横領する。「公金を―・む」
予算以上の金を使う。「遊びに金を―・んで生活が苦しくなる」
道具などを、すっかりなじむほど十分に、また長く使う。「よく―・んだ万年筆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

使い込む/遣い込むの関連キーワード大塔坪杓子・栗木細工パイプ(喫煙具)ロングセラー商品ケヤキ挽物細工社会福祉法人大平の銅細工オールナット佐原ラフィアおもな慣用句土佐古代塗穴をあける手を付ける尾鷲わっぱ引き負ふ引き負ひ引負いおひつ公金萩焼

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android