私用(読み)しよう

精選版 日本国語大辞典 「私用」の意味・読み・例文・類語

し‐よう【私用】

〘名〙
① (━する) 私事に使用すること。また、官府公共物品をひそかに使うこと。
私聚百因縁集(1257)二「常燈仏餉(ぶっしゃう)用ひて私用(シヨウ)とし」
② 個人的な用事。私事。⇔公用
※大内氏掟書‐四六~五〇条・文明一三年(1481)三月五日「又難去私用之時者、可上子細事」
人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「兼て峯次郎に頼み置し私用あれば」 〔宋書‐黄回伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「私用」の意味・読み・例文・類語

し‐よう【私用】

[名](スル)
私事に用いること。「社用封筒を私用する」「私用電話」⇔公用
自分個人の用事。私事。「私用で早退する」⇔公用
[類語]小用こよう小用しょうよう雑用雑事野暮用公用用事用向き用件所用用務社用商用急用多用主用変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「私用」の読み・字形・画数・意味

【私用】しよう

自用

字通「私」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android